以前、伊丹十三監督の映画「お葬式」を観たことがある。

厳粛なお葬式をブラックユーモア的に描いていて

笑った覚えがある。

 

どんな場面にも面白いことは潜んでいる。

 

義母のお葬式でもくすっと笑ってしまったことは何回かあった。

 

楽しい思い出とともにーCerebration of life 義母の人生を祝う

 

 

①木魚

最初ゆっくりのお経が、木魚を叩き始めると

だんだん速くなる。

 

私の方から見ると

木魚がちょっと顔のように見えて

頭をポカポカ叩かれながら

楽しそうに軽くジャンプしているように見えた。

 

②孫の顔

 

小さな孫が、親の真似をして、お焼香をあげた。

こちらを向いてお辞儀をして、

顔を上げたら、とても嬉しそうだった。

(わたし、ちゃんとできた!)

 

③70年ぶりの再会

今回は義母の親戚がほとんどだったのだが、

一人だけ義父の姪Kさん(82歳)が来てくれた。

 

義母の義妹とKさんが会話を始める。

 

「どこ出身なんですか」から始まり、

小学校が一緒のことがわかり、

共通の友達がいたことがわかり、

旧姓を伝えると、

二人とも珍しい名字だったので、

同級生だったことがわかったのだ!

 

「〇〇子さんとよく遊んでて~」

「〇〇子さん、知ってますよ~!」

 

テレビで何年かぶりの旧友との再会に

感動したりすることがあるが、

 

まさにそれをリアルで見せてもらった。

 

友達、部活のこと、先生のこと。

同じ学校というだけでなく、

同じ学年の友だちに70年ぶりに会うって、

どういう気持がするのだろう。

 

考えただけでも懐かしさが湧いてくる。

 

こうして人と人が繋がるのは心が温かくなる。

 

 

ユーモアセラピー協会のメンバーが

お葬式での笑いについて語ってくれたことがある。

ふたりとも若いときに母親を亡くしている。

 

【辛さを乗り越えさせてくれた葬式での笑い声】

悲しみを和らげてくれたお葬式での笑い

 

【楽しい思い出と共に。Cerebration of life  義母の人生を祝う】

 

【姑と仲良くクラス方法まとめ①】はこちら

お知らせ  

★第9期ユーモアコミュニケーション10回コースは、おかげさまで全クラス満席になりました。 来期の申し込みは8月です。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル