ユーモアクラスのメンバー、

高橋里絵さんのお母さんの話は面白いものばかり。

 

里絵さんが、お母さんを家で介護していたとき、

頻繁に呼ぶので、

「そんなに何度も呼んだら、私何もできないじゃない!」

と言うと、

「だったら聞こえないふりをすればいいじゃない」

と言ったとか。(笑)

 

会社で頭に来たことがあったときも、想像外の対応でした。

その時のブログはこちら

 

 

「面白いお母さんですね~」というと

77歳のお祝いに作ったという小冊子を送ってくれました。

 

 

 

2004年の夏から秋にかけてのお話をまとめたそうですが、

どれもほっこりするものばかり。

 

 

 

いくつか紹介します。

 

【生きてる証拠】

わたしは、あることで落ち込んでいて、

なかなか眠れずにいた。

夜中にトイレに起きてきたママが、

わたしの部屋に明かりがついているのを見て、

「あら、まだ起きているの?」

と話しかけてきた。

 

「落ち込む必要はないとわかっているのだけど、

例の件で、やっぱりいろいろと考えちゃって、

そしたら眠れなくて」

と言ったら、

 

「そのことで、落ち込まないほうが変。

何も感じなかったら死んでいるのと同じよ。

落ち込んだり、悩んだり、

それは生きている証拠よ!」

 

と言われて、私の心の力がホワッと抜けた。

 

生きている証拠か・・・。

ママってときどきいいこと言うよなぁ、とママに感謝

そしたら、眠くなって、よーく眠れた。

 

とっても仲がよい親子に見えますが、

最初からそのような関係ではなかったそうです。

 

☆日常生活

〈前略〉

一つひとつ何かを積み重ねて・・・というより、

積み重ねていたものを外していって、こうなったような

感じかもしれません。

 

 

わたしはいろいろな場面で

母と話し合うことを避けずに来て

よかったと思います。

 

 

最初はわかり合うために、

話し合っていると思っていました。

もちろん、そうなのだけれど、

でも親子であっても、それぞれ違う人間。

 

違う感じ方、考え方を持っているのは自然のこと。 

 

どんなに話し合っても

完全に理解し合うことはできません。

そうわかったとき、

わたしの、それまでの母への気持ちの力みがとれました。

 

人と人が完全に相手をわかることはないとわかったとき、

初めて自分らしくいることが

心地よく感じられたのです。

その上で相手を理解しようとし続けることが、

思いやりなのかも・・・

 

 

りえさんとお母さんは性格も考え方も違うそうです。

家族だったら、面倒くさくなって話さなくなってしまったりするのですが、

話し合うことを避けなかったのが素晴らしいと思いました。

 

面白かったのが、「とり肌のたつカレー」

 

【とり肌】

ネーミングが面白いと買ってきたのだが、

お母さんのリアクションは、

「わぁ~、気持ち悪~い。こんなの食べたくない」

 

 

 

【交通費】

りえ「ちょっと用事があるから、わたしの部屋まで来て」。

ママ「あと1分待って」。

・・・1分後

ママがわたしの部屋へやってきて、ドアの手前で止まる。

ママ「あのぉー、用事があるからここまで来たのですけど、
交通費はいただけるのですか?」

りえ「領収書があれば、出しますよ」

たわいもない、ママとわたしの会話。

 

この他にもたくさん、

心が温かくなるエピソードがありました。

 

日常の言葉のやり取り、物の捉え方、幸せを感じる心など

学ぶことがたくさんありました。

 

りえさんのお母さんは、

純粋な子供の心を持った方で、

小さいことでも大喜び、

感じたことを素直に口にする

ユーモアのある女性だと感じました。

 

ぜひ、80代の続編も書いてもらいたいです。

 

最後に私の好きな英語の言葉をシェアします。

 

I don’t know how to act my age.

because I’ve never been this old before.

 

年相応に振る舞うって

どうしたらいいかわからないわ。

だって、

こんなに年とったこと

今までないんだもの。

 

\(^o^)/

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。