前回のユーモアクラスで

とてもユニークなギルティ・プレジャーがありました。

 

ギルティ・・プレジャーというのは、

わかっちゃいるけどやめられない習慣だったり、

他の人に知られたらちょっと恥ずかしいけれど、好きでやってしまうことです。

前回のクラスのブログはこちら

 

Jさんのギルティ・プレジャーは、

「名詞の5段活用」!?

 

なんじゃそれ? と思いますよね。

 

海外で暮らしていたJさん。

お子さんが日本語の文法が苦手だったそうです。

動詞の五段活用は、

聞かない、聞こう、聞きます、聞く 聞く時、聞けば 聞け

文法の型を覚えるだけはつまらない。

 

楽しくできたらいいな 

と思ったJさん、

 

名詞も五段活用させてみました。

この発想がユニークです!

 

例えば、マスクだったら、

マスかない マスきます マスく 

マスけば マスけ マスこう

 

面白くってお母さんの方がハマってしまったそうです。

 

酔っ払うと歌にもしてしまうとか。

素敵なお母さんですね。

 

これって自己紹介にもインパクトがあります。

この人面白そう~ と思ってもらえます。

 

どうしたら楽しくできるか?

 

教える仕事をしている人には、ユーモアはとても大事です。

なぜなら、人は楽しいと感じる時脳が活性化して、

記憶力が増すから。

 

テキストに書いてあることをただ読むような授業で、

寝てしまった経験ないでしょうか。

 

私は真面目少女だったので、

机に突っ伏して寝ることは

ありませんでしたが、

先生の話すことが全然頭に入ってこないことは、

何度もありました。

(特に理科、社会 ^^;)

 

ある時、授業参観で物理の授業を観て

驚いたことがあります。

 

例にのび太くんとしずかちゃんが出てきたからです。

楽しそう~ ♪

こんな風に説明してもらえたら

私ももう少しわかっていたかも。

 

みんなが知っているキャラクターを使うのはいいですね。

私も家族の単語 祖父母 父母 息子、娘 孫、甥 姪 義理の両親

などを教えるときは サザエさんの家系図を使います。

 

「どうしたら楽しくできるか?」

 

シニア英会話クラスではいつも考えています。

 

どうしたら英会話を楽しく練習できるか?

 

前回のクラスで楽しかったのが、命令形の練習です。

 

英語講師の小林みゆきさんが

とても楽しいエクササイズを考えてくれました。

 

Go to bed early

Go to see a doctor.

Don’t worry. Be happy.

 

早く寝なさい

医者に診てもらいなさい

心配しないで、ハッピーで行こう

いろんなフレーズを学んだあと、

相手の言葉に対して一言いいます。

 

例えば、

I don’t feel well.

と1人が言ったら、残りの6人が何か一言いいます。

Go to see a doctor 

Take a rest. 

Listen to your favorite music.

Take a walk.

Watch the movie Tora san.

 

病院に行きなさい

休みなさい 

好きな音楽を聞きなさい、

散歩しなさい、

寅さんの映画を観なさい

 

Don’t worry.

Drink wine.

心配しないで 

ワインを飲みなさい。

 

その人の性格が見える楽しいエクササイズでした。

I’m tired.

(疲れた~)

Don’t complain.

(文句言わないの!)

が出たのは大笑いしてしまいました。

 

 

 

「どうしたら楽しくできるか?」

このブログも楽しく読んでもらえるように精進します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英会話クラスのメンバーに教えてもらった

麻布十番のモンタボーのドーナツ。

柔らかくて、甘すぎなくてとっても美味しかったです。

 

「ねぇ、昨日のドーナツ、ドーナツた?」

とダジャレもできました。(笑)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

お知らせ

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。