父の病院の付き添いのブログへ たくさんのコメントをいただきました。

「ユーモアのある素敵なお父様ですね」

「さすがマーサのパパですね」

「こういう男でありたいです」

「お父様のユーモアコミュニケーション塾を開催してください」

ありがとうございます!  

確かに投稿を読むとそのような印象を受けると思います。

 

しかし。。。。。。

 

実は 父はすごい短気だったのです!

 

些細なことで すぐ怒り、大声で怒鳴り、私たちはいつもびくびくしていました。

 

私の結婚相手の 一番目の条件は「怒らない人」だったほどです。

(おかげでとても我慢強い夫をゲットしました 笑)

 

そんな父の血をひいて 3人の子供は みな短気。

 

だんご3兄弟ならぬ たんき3兄弟!(笑)

 

かっとして事件を起こした犯人を人ごととは思えませんでした。

私が怒らなくなったのは40代になってから。 父は70代後半になってからでしょうか。

面白いことを言うようになったのも ここ10年くらいのような気がします。

 

ということは、

何歳からでもユーモアセンスは身に着けられるということですね。

そのためには穏やかな心でいることが大切です。

 

Forgive others 

Not because they deserve forgiveness

But because you deserve peace

 

(あなたを傷つけた人たちを)赦しなさい。彼らが許しを受けるに値するからではなく、

あなたに 心の平穏や 平安でいるに相応しい価値があるから。

 

 

8月14日のNHK傾聴講座監修者 澤村直樹先生の「アクティブリッスン講座」では 

相手がもっと話していたいと思う穏やかな聞き手になる方法を学びます。

ユーモア・fコミュニケーションの基礎になる 思いやりのある聞き方 をワークをしながら学んでいきます。

【内容】

1.傾聴とは
2.良い聴き手の3条件
3.解決型と共感型
4.日常傾聴の原則 

私も ラフターヨガ ジブリッシュ ユーモアマインドについて少しお話しさせていただきます。

【日時]8月14日(月)13時半から16時半 

【場所】神奈川県民センター 711

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html

【受講料】 事前振り込み 4,000円 
                 当日 5,000円 

【定員】 先着16名 (残席4名)

 

なぜ ハッピーを 1時間に限定してしまうの? 

(ハッピーアワー  レストランやバーで酒類の割引を行う時間帯のこと)