ユーモアコミュニケーションを伝えるのに

ユーモアのあるイラストが描けたらどんなにいいだろう!

でも絵の才能もないのに、イラスト描くなんて無理だろうなぁ。

 

昨年セミコンを通して知り合った河尻さんのFBの投稿を見て、ビビビときました。(笑)

こんなイラストが描けるようになりた~い。

 

なかなか日程が合わなかったのですが、

ようやく参加できました!

棒人間の描き方入門編次回の講座はこちら

 

河尻さんによると、「イラストは線と形の組み合わせ」だそうです。

才能、センスは関係ないと。

 

『私にも描けるかも。。。」

 

まずは基本の○から。

私は下から時計回りが一番描きやすかったです。

 

講座では、とても丁寧に指導してもらえます。

先生が描くのを見ながら真似して描くので

最初からそれなりに形になります。

 

 

なんか楽しくなりました。

描きながらニコニコに~♪

線を入れたり、汗、涙を描くことで

表情豊かになってきます。

 

そして最後は4コママンガに挑戦。

 

 

シニア英会話クラスやユーモアクラスで

イラストを見せることができたら、

ますます楽しくなりそうです!

うっしっしー

この気持をイラストで描きたい~

 

 

セミナー終了後、リクエストとして

「笑い転げる」をお願いしました。

 

見てるだけでこちらも笑ってしまいます。

この絵ではお腹を抱えて笑っていますが、

指差しをしたり、

絵を横にすると寝たまま笑い転げてるようにも見えます。

 

河尻さんによると

楽しい顔を描いていると気分も楽しくなり、

逆にネガティブな表情、動きを描くと心が和らぐそうです。

ネガティブもポジティブもどちらもOKだなんて。

客観的にみて余裕が出てくるのですね。

いろんな講座を開催されているのでご興味がある方はぜひ!

河尻さんのブログはこちら です。

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら