朝夫を駅まで車(プリウス)で送るとき、

いつも教えてくれる「今日はなんの日」

「8月14日金曜日 今日は専売特許の日です。」

 

思わず口に出ました。

「とうきょうとっきょ きょきゃきょきゅ」

あ、言えない。(・_・;)

「トカキョク!」

夫も言えません。 (ヒヒヒ)

「キョヵ キョ キュ」

二人で交互にトライするも言えず。

車の中が「キャ行」で一杯になりました。

 

早口言葉は言えないから面白いのですね。

笑ってるうちに駅についてしまいました。

 

「今日はなんの日」を車に取り付けようと考えた人は素晴らしい! 

 

その日初めて車に乗るときだけ教えてくれるのですが、

「へぇ~そうなんだ」と思わせてくれるし、

(たいていはほとんど忘れてしまうのですが)

何かのときの話題になります。

 

数年前 5月29日にワークショップを頼まれたときにも使いました。

「皆さん、今日はなんの日かご存知ですか? 5月29日はこんにゃくの日なんですよ。

偶然ですね。これからウォーミングアップに使うダンスもこんにゃくダンスと言うんです!

こんにゃくの日にこんにゃくダンス踊れるなんてラッキーですね!(笑)」

 

「今日はなんの日」は人助けにもなります。

私の友人Sさんは、長い間引きこもっていた時期がありました。

そんなとき、メッセージを送り続けてくれた人がいたそうです。

その人は非難するようなことは一言も言わず、

いつも他愛のないメッセージを送ってきました。

そのひとつが「今日はなんの日」だったそうです。

「こんにちは。今日は〇〇の日なんですって。。。。」

Sさんが無視してもずっとメッセージを送って来たそうです。

その人のおかげでSさんは立ち直ることができたと言います。

 

何を話していいかわからないとき、

相手が心を開いてくれないとき、

「今日はなんの日」は一つのきっかけになるかもしれません。

 

ちなみに8月16日は女子大生の日。

19日はバイクの日だそうです。

819 でバイクなんですね。 俳句の日でもいいですね。

 

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら