昨日のファンリストにも書きましたが、

最近好きな曲が「スーダラ節」

朝から「スイスイスーダララッタスラスラスイスイスイ♪」

と歌いながらキッチンに向かうこともあります。(笑)

今日たまたまテレビをつけると

NHKのヒストリアをやっていて、それが

「スーダラ節」についてだったのです。

 

なんというタイミング!

思わず引き込まれて最後まで見ました。

 

植木等の父親は、浄土真宗の僧侶でした。

仏教用語に自利利他円満という言葉があるそうですが、

お父さんは利他しかなかったひと。

その姿を見て育った植木等は、「スーダラ節」を聞いて

こんな自堕落な歌なんか歌えないと断りました。

悩んだ植木等は父親に打ち明けます。

そしてどんな歌かと聞かれ歌います。

♪ チョイト一杯の つもりで飲んで

いつの間にやら ハシゴ酒

気がつきゃ ホームのベンチでゴロ寝

これじゃ身体(からだ)に いいわきゃないよ

分かっちゃいるけど やめられねぇ ♪

すると父親が言います。

「ちょっと待て、素晴らしい曲だ!」

親鸞聖人の生き様に通じるのだというのです。

90歳まで生きて、人生を振り返ると

「やっちゃいけないことばかりやって死ぬときがきた」

「わかっちゃいるけどやめられない」人生だったと言うのです。

たとえ仏の道に身を投じても 悪い心を断つことはできない。

 

そんな話があったとは。。。

面白い歌としか思ってなかった「スーダラ節」が一層好きになりました。

植木等さんも歌のイメージとは逆にとても真面目だということがわかりました。

スーダラ節の歌い方も悩んで悩んで、

何回もテイクをとり、

最後のテイクでやけっぱちで歌ったのが一番良くて、

あまりに面白くなったのでB面の予定がA面になったのだそうです。

 

 

「もっと早く寝るようにしよう!」

「8時以降は何も食べないようにしよう」

「小言を言うのはやめよう。」

「ぎりぎりにやるのは良くない」

 

私も親鸞のように人生の終わりでいいそうです。

 

「わかっちゃいるけど やめられない♪」

 

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら