月曜日の朝はCHP(AATH公認ユーモアプロフェッショナル)の会がありました。

今回はそのメンバーの一人David Jacobsonが

アリゾナ襲撃事件後のオバマ大統領との出会いや職場でのユーモアについて語ってくれました。

David Jacobson はThe 7 1/2 Habits of highly humorous peopleの著者でもあります。

(7つの習慣が7と1/2 の習慣に。 Highly effective people がhighly humorous people になっています)

 

最後に素敵な詩をシェアしてくれました。

 

 

       

       A Place for Pain       

        痛みの居場所

 

 

I open the door       扉を開けると

pain walks in        痛みが歩み入り

filling my home with darkness and discontent 家を暗闇と不満で埋め尽くす

 

I open the door       扉を開けると

faith walks in        信頼が歩み入り

illuminating my living room  居間を明るく照らしてくれる

 

I open the door       扉を開けると

hope walks in        希望が歩み入り

filling the kitchen with wonderful smells キッチンをいい香りで満たす

 

I open the door       ドアを開けると

joy walks in         喜びが入ってくるので

I explain that she has the wrong address 住所を間違えているよ

she should be next door   隣の家だろうと伝える

 

She comes in anyway     喜びはお構いなしに入ってくる

joy, like pain         喜びは 痛みと同じで

knows not of manners or proper protocol  礼儀作法をわきまえない。

 

I open the door       ドアを開けると

humor walks in       ユーモアが入り、

It fills the empty spaces   空っぽの空間を埋めてくれる

 

Pain is still here       痛みはまだいる

But, it has little room    しかし居場所はほとんどない。

 

Davidは関節炎に苦しんでいて、

今でも痛みはあるが、

ユーモアのおかげで楽しく暮らせると言っていました。

 

自分を励ますユーモアのアイディアをシェアします。

自分自身にメールを送るというアイディアです。

 

Dear David Jacobson, 

I see you are having a stressful day today.
I just want you to know that you are doing a great job!
Take a humor break and get back at it.
There’s a good chance tomorrow will be better.

 

親愛なるデービッド ジャコブソンさん

 

今日はストレスの多い一日だったようですね。

あなたはよく頑張っていますよ。

ユーモアで一息ついてから、また挑戦してください。

明日はきっといいことがありますよ。

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。