yamanote workshop all participants

8月15日 やまのてTMCの例会で、ユーモアスピーチワークショップをさせてもらいました。日本橋TMCに続いて2回目のワークショップ。
何を話そう?と悩み、いろんな人の話を聞き、本を読み、最終的に決めたことは、
自分がスピーチで使っているやり方をお話しするということ。

 

自分のスピーチのユーモア部分を分析してみて気づいたことは、
「全然 たいしたこと言ってない!(笑)」と言う事実でした。
つまり、私の場合、内容What より 言い方How で 面白くしていたということです。 そこで、面白くしているポイントを5つに絞ってお話しすることにしました。

 

それでは参りましょう!
名付けて マーサお薦め、ユーモアスピーチ 5つのテクニック! (なんかエラそう)

 

 

BEADS ビーズ
1. B Body language  身振り手振り
2. E Exaggerate   大げさ   いいことはよりよく、悪いことはより悪く
3. A Attitude   態度    エラそうな態度、 おどおどしている態度など
4. D Dialogue 「  」 会話、独り言
5. S Specific     具体的に

 

BEADSを使わないバージョン

「うちの夫は私が話しかけても、聞いているのか聞いていないのか まったくわかりません。でもある時セミナーを受けてアイコンタクトの大切さを学び、私の方をみて
聞いてくれるようになりました。 嬉しかったです。」

 

BEADS を使ったバージョン

「うちの夫はよくテーブルで新聞を読みます。私が話しかけると
『へぇ そうなんだ よかったね』(いかにも聞いてない風)(B&D)

なんていつも気のない返事ばかりです。
結婚して20年も経つとそんなもんなんですよ。(A) (おばちゃん風)

でもある時会社でコミュニケーションセミナーを受けたんです。 その日私がいつものように話しかけると 読んでいた新聞をすっと横に置いて、私の方を見て話を聞いてくれました。(B) その目は笑っていました。(B)
その瞬間何が起きたと思いますか!(B) (動き回る)
恋に落ちたんです!(B&E&A)(恋する乙女風)
笑顔でみつめられることがこんなに心をときめかせることだなんて思いもよりませんでした。自分を認めてくれている。
「空気じゃないんだ!妻なんだ!」(D) そういう気持ちにさせてくれたのです。
夫はメタボでダイエット中でしたが、(S) 気が付くと、戸棚に隠してあった大福を差し出していました。(S)

 

 

最後の話は、メンバーのアドバイスにより変化して行きました。

 

嬉しかった→ どう表現するか→ 抱きつく、踊りだす、、いろいろ考えて 何かあげる→
デザートをあげる→ 冷蔵庫からプリンをあげる→ 大福をあげる → あげるよりあげちゃったの方が面白い → 気が付くと、戸棚に隠してあった大福を 差し出していました。

このエピソードが入った春のエリアコンテストの映像です。

後半は、実践コーナー 短い時間でしたが、最後のグループ代表者の発表はどれも面白くて 大笑いしました。

やまのてTMCの例会の様子はこちらです。

 

ワークショップではユーモアスピーチのスキルについて話しましたが、大事なのは
ユーモアマインドだと思います。相手を愉しませたいというおもてなしの心と
自分をさらけ出す勇気 自分をカッコよく見せたいとか 自分がこう言ったら 相手はどう思うかといろいろ考えていると、ユーモアって出てこない気がします。
以前の私がそうでしたから。 最初から人を 笑わせようと思うのではなく まずは自分が面白いと思う話を人にしてみませんか。滑ったっていいじゃないですか。

滑って滑って滑りまくってユーモアスピーチを楽しみましょう!

 

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら