年末年始を過ごすため二日前から義母が泊まりに来ている。
下の部屋は何とか片づけたが二階はぐちゃぐちゃ。 でも義母は足が悪く、二階には上がれないので、そのままにしていた。

と、と、ところが、今朝、私が鏡台の前で出かける準備をしていると、

「よっこいしょ」

と言いながら、階段を上がってくる義母の声が聞こえるではないか。

 

床には脱ぎっぱなしの服やカバン。タンスの上にも引出しに入りきれない服、靴下などが山積み。鏡台の上も化粧品やアクセサリーで雑然としている。

そこへ義母が

「手持ち無沙汰だから洗濯物を干すのぐらい手伝おうと思って」と入ってきてしまったのだ。

 

一瞬、アルプスの少女のハイジの友達クララが車いすから立ち上がって、歩いたときのことがふと思い出された。でもクララの父親の喜びの感情は、私にはなかった。

「良妻賢母の私のイメージが崩れてしまう!」   しかし、こうなったら開き直るしかない。
カッコつけたってしょうがない。

「片づけようとは思っているんですが、なかなかできなくてー」と くるしい言い訳をする。

「みんなそんなもんですよ」と言って、義母は散らかっている服を次々とたたみ始めた。

あれよあれよと言う間にすっかり片付いて、まるで別の部屋のよう。

 

大事なのは、ダメな自分を見せる勇気。 完璧な嫁を演じていたら疲れてしまう。

ダメな自分を見せたら、自分も気持ちが楽になるし、母も手伝えることがある方が嬉しいのだと気付いた。

両方にとっていいことなのだ。 これから一週間、力を抜いて気楽に行きます!

2013年 12月29日

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら