病院で薬をもらってきた夫が、

「今日、ちっちゃな子供が『おじーちゃーん』って言って寄ってきてさぁー」

と嬉しそうに、にこにこして言う。

 

「喜ぶことじゃないでしょー、まだ50代なのにー」と私があきれていると

「いやぁー、大学生の時に席を譲られた以来の快挙だな!」と誇らしげ。

 

それを聞いていた長男、

「おれも中学生の時、灰皿出されて、『ぼく、中学生ですから』って断ったことあるんだよ」

周りの友達は爆笑したらしい。

 

同じことを言われて怒ったり、傷ついたりする人もいるかもしれない。でも自分を笑えたら、周りも気を遣わなくていいし、楽しくなる。一回り大きな人間に見えてくる。
ただ、うちの夫の場合は、体が普通の人より一回り大きいのが問題なのだが。

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら