息子が子供の頃に書いた作文や絵を整理していたら

小学1年生の時の学級文集が出てきました。

 

深い!

 

頭に血がのぼったらいけないと思って

つい言ってしまった言葉だと思うのですが、

本人は一生懸命がんばったのに、なぜ褒めてくれないのかと思ったことでしょう。

「なぜだろう?」 

 

子供の言葉ってハッとさせられますね。

 

Teacher   How old is your mother?
 
Kid       She is 6 years old. 

Teacher  What? How is this possible ?

Kid       She became  mother only when I was born.   

先生   ママは何歳?
子供   6歳
先生   なんですって? そんなはずないでしょ?
子供   だってママはボクが生まれたときにママになったんだもん! 

 

息子もそう思っていたかもしれません。(#^-^#)