息子が子供の頃に書いた作文や絵を整理していたら

小学1年生の時の学級文集が出てきました。

 

深い!

 

頭に血がのぼったらいけないと思って

つい言ってしまった言葉だと思うのですが、

本人は一生懸命がんばったのに、なぜ褒めてくれないのかと思ったことでしょう。

「なぜだろう?」 

 

子供の言葉ってハッとさせられますね。

 

Teacher   How old is your mother?
 
Kid       She is 6 years old. 

Teacher  What? How is this possible ?

Kid       She became  mother only when I was born.   

先生   ママは何歳?
子供   6歳
先生   なんですって? そんなはずないでしょ?
子供   だってママはボクが生まれたときにママになったんだもん! 

 

息子もそう思っていたかもしれません。(#^-^#)

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら