お笑いコンビ アンジャッシュをご存知ですか?

お互いが勘違いをしながら話が進んでいくところが面白いのですが、
ふと、ご主人のお仕事でアメリカに住んでいた主婦Aさんの話を思い出しました。

英語が苦手なAさんが 蟻を駆除する殺虫剤を買いに行ったそうです。

本人は ant (蟻)のつもりが、発音は aunt (叔母)になっていました。

 

Aさん、”  I have problems with ants (aunts)  

蟻(叔母)に困っているんです。

店員 ”What can I do for you? ”  

何か私にできることありますか?

Aさん ” I want to kill them ”
   
殺したいんです。

店員  ”How many aunts do you want to kill ?”
 
何人おばさんを殺したいんですか?

Aさん ”Lots of them ”  

たくさんです。

店員  ” Why? ”

なぜ?

Aさん、”Because they are bothering me ”  
 
うるさいからです。

 

その後誤解が解けて大笑いしたそうですが、この話 私の中ではTOP5に入る英語の勘違いです。

日本人だったら 発音で勘違いされた経験って一度や二度 必ずあると思います。

ぜひそれを葬り去らないで笑い話に変えてみてください。 

 

 

このカードも可愛いと思いませんか? 蟻が十匹で ありがとう というところもユーモアがありますよね。

寄せ書きにぴったりです。

img_4008

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら