私がAATH ユーモアセラピー協会のカンファレンスに初めて参加したのは、

2013年4月だった。

 

あれからもう10年経ったと思うと考え深い。

 

試行錯誤でユーモアを伝えていた私は、

『笑いの治癒力』アレン・クライン著に出会い、

 

 

すぐにメッセージを送り、

2ヶ月後カリフォルニアで開催される

カンフェレンスに参加することにした。

【ユーモアを求めてアメリカへ】の記事はこちら

同時にユーモアアカデミーにも入会した。

 

レベル1ではユーモアについて

脳科学、心理学、行動心理学について学び、

 

毎月ユーモアジャーナルを提出。

 

月一回電話での勉強会があった。

 

そうなのだ。

 

当時はズームではなく電話だったのだ! Σ(゚∀゚ノ)ノ

 

 

1年目は人数が少なかったので

なんとか聞き取れたが、

 

2年目は5,6人いたので、

話についていくのが大変だった。

 

 

今でも最初のアドバイザーとクラスメートはよく覚えている。

 

当時ユーモアをテーマにしているクラスはなかったので、

このまま続けていいのか 何度も不安になった。

けれども、

その度に、二人がいつも励ましてくれた。

 

「今は心細いだろうけれど、

続けていたら形になっていくから」

Keep going! と

 

 

レベル2修了写真

 

 

AATH、ユーモアアカデミーとの出会いがなければ、

私は途中で諦めていたにちがいない。

 

 

【ユーモアアカデミー卒業】の記事はこちら

 

 

あれから10年。2023年。

 

今年ユーモアアカデミーレベル1のアドバイザーをすることになった。

 

 

今年は日本人3人がユーモアアカデミーに入会するからだ。

 

早速ファシリテーションの動画を見たが、

実際にユーモアクラスでやっていることや、

さすがアメリカと思うアイディアがあって、

観ているだけでワクワクしてきた。

 

笑いが距離を縮め ラポート(親密感)を作る。

ラポートが信頼を生む

信頼がいい人間関係を作る

 

ユーモアアカデミーで学ぶユーモアは、

癒やしのユーモア、人間関係をよくするユーモア、

辛い出来事を乗り越えるユーモアだ。

 

 

実際ユーモアコミュニケーションクラスでも

楽しい雰囲気をつくるコミュニケーションだけでなく、

人間関係が円滑になるユーモア

辛い出来事を乗り越えるユーモアに

繋がっている。

 

ブログでも紹介していくので

お楽しみに!

 

 

 

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル