「ユーモアコミュニケーション」で目指す楽しい会話は、

一人が面白いことを言うのではなく、

お互いが交互に話して話が弾む会話です。

 

ピンポンのようにラリーが続く感じ。

 

 

ひねった返しをすると、

笑いが起きることもありますが、

それは高度なテクニック。

 

芸人さんではないので、

そこは目指していません。

 

ポンポンと会話が続くことが大切。

ただ、真面目な人は、発話するのに構えてしまいがちです。

 

私もそうでしたが、

なかなか言葉が出てこないのです。

 

 

「・・・」が入ってしまって

楽しい雰囲気がスローダウン。

 

そこでお勧めなのが、しりとりです。

 

しりとりは、誰でもやったことがあるので、

抵抗なくできます。

父の日 ヒグマ まり リス スイカ かぼちゃ。。。

 

ユーモアクラスの即興力エクササイズでも

しりとりをよくやります。

でもこれが、

普段やっていないと

なかなか言葉が出てこないんですね~

 

 

 

 

 

 

昨日目が覚めたときに、

突然しりとりのことを思い出し、

横にいた夫とやってみました。

 

「夏 月 きいろ ロバ バス スイカ」

 

さすがユーモアコミュニケーショントレーナー!

私はポンポン出てきます。(笑)

 

夫は「う~ん」とか「ろ、ろ、ろ  ろば」

という感じで、少し時間がかかります。

 

ところが、私が「カエル」と言った後、

「る」はきっと出てこないだろうなぁと

にんまりしていると

なんと出てきたのが、

 

「ルンバ!」

 

「おぉぉぉお~! 新しい言葉! ルンバ!」

 

「やるねぇ!」

思わず叫んでしまいました。

 

(しりとりで盛り上がる平和な夫婦)

 

「る」は難ワードで 

「ルビー、留守番電話、瑠璃色」くらいしか引き出しになかったので、

ニューボキャブラリーゲットです。\(^o^)/

 

しりとりは、何回かやっていると

単純な言葉に飽きて、

面白い単語が出てくるようになります。

 

な 夏バテ

み 三日坊主

き 着たきり雀

ろ ろくでなし

と 飛んで火にいる夏の虫 

 

もうなんでもいいんです。

 

「・・・」をなくすのが目的なので。

 

以前 元お笑い芸人の塾で、

「あ」で始まる面白い言葉を出していくワークがあったのですが、

みんな普通の言葉しか出せませんでした。^^;

(普段から面白い言葉使ってないから難しいですよね)

 

まずは一般の部の私たちは、

普通の言葉からでいいと思います。

 

 

しりとりは、相手がいると楽しいですが、

自分一人でもできます。

 

 

大事なのは、声に出すということ。

 

声に出すことで、話すことに慣れてきます。

 

 

「しりとり」は待ち時間にもいいですね。

 

家族で外食したときによくやりました。

 

しりとり以外にも「真ん中言葉」ゲームもあります。

 

例えば一人が 「み」というと

「み」が真ん中にくる言葉を考えるのです。

 

例えば、「つみき」「うみべ」「すみか」などなど。。。

そうやってたくさん出すのもありですし、

しりとりにしても遊べます。

 

「つみき」だったら「き」が最後なので、

こんどは「き」が真ん中にくる言葉「うきわ」というように

しりとりにしてもいいですね。

 

アメリカ人の友人に教えてもらった待ち時間ゲームもありました。

【楽しもうと思えばいくらでも楽しめる】

 

次回も即興力アップトレーニング。

 

表情がとても柔らかくなってきたので

頭もどんどん柔らかくしていきます!

 

 

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。