ユーモア体質になるためには、心が安定していることが大切です。

前回のユーモアクラスでは、

「自分を笑顔にしてくれるもの」というテーマで一人ひとり話してもらいました。

 

どの話も聞いているだけで

こちらも笑顔になってしまう話だったのですが、

今日は、みんなが涙ぐんだ話をシェアしたいと思います。

(本人から了承を得ています)

 

編集などはせずそのまま書き起こしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。。。。。。。。。。。。。。

私を笑顔にしてくれるもの

それは長男の写真を見ることです。

 

実は私の長男は、生まれつきの重度の 

いわゆる心身障がい児と言われる子供で

 

自分からは何かを喋ったりとか「ありがとう」とか

言ったりするわけでもなかったんですけど、

 

そして実は9年前、27歳で亡くなったんです。

 

でもですね、その子の笑顔は普通の人にはない、

 

赤ちゃんの無邪気な笑顔ってあるじゃないですか。

ほっこりする、

あの笑顔を27年間持っていた人で

あの人の笑顔を見るとほっこりします。

 

育てるの本当に大変だったんだけれど、

あの笑顔でいっぱい、いろんなことを私に返して

くれて、元気をくれていたんだなぁと言うのが

今でもしみじみとわかって、

あの子に関わってくれた方も

そのように言ってくれます。

 

だからやっぱり、

人って何かができるとか、そういうことでもなく、

その人その人が持った価値というのが、

とってもあるんだなと、ものすごく感じていて、

 

今でも元気がないときも 

あの人がニコ~っと無邪気に笑っている写真を見ると

元気になります。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

「たくさんの人にそのことを伝えたい。

その時にユーモアを交えて話せるようになりたい」

 

今年の春、ユーモアクラスの参加理由にそう書いたIさん。

 

原稿も準備せずに話したそうですが、

だからこそ、自分がいつも思っていることが、

自然に流れるように出て来たのだと思います。

多くの人に伝えてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

この写真は栗本朋子さんが撮ったものです。

お知らせ

★ラジオ番組出演情報
J-Wave「STEP ONE sawaiseiyaku sound clinic」にマンスリー講師として出演します!

→詳しくはこちら

→関連ブログ記事はこちら

 

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。