孫のクリスマスプレゼントに絵本のリクエストがあり、

まずは本屋さんに行ってみました。

 

たくさんありすぎてわからない~(~~;)

 

シニア英会話クラスのメンバーにお勧めを聞き、

帰る途中、港区の図書館にも行ってみました。

 

係の人に聞いてみると

 

初めての絵本としていろいろ紹介してくれました。

港区では出産祝いとして 「いないいないばあ」と 「じゃぁじゃぁびりびり」を

プレゼントするそうです。

 

だるまさんシリーズもユーモアがあって気に入りました。

 

息子たちが小さかったときだって絵本を読んだはずなのに、

見た覚えがない本ばかりでした。

 

子供の絵本で話題になっているのが、こちら。

 

東京大学あかちゃんラボ発 「もいもい」

科学的な研究を通して赤ちゃんのための絵本を作る「赤ちゃん学絵本プロジェクト」で出てきたキャラクターなんだそうです。

実際に泣き出しそうな1歳半の孫がじっと絵本を見つめたのには驚きました。

「もいもい」という言葉の響きもいいそうです。

 

電車の中で泣き止まない赤ちゃんがいたら、この写真を見せたらどうなるか

実験してみたいですね。