ここのところ次々と電化製品が卒業式を迎え、

リビングのエアコンもついに新しいのを入れることにしました。

 

購入は7月始め、ところが雨で延期に次ぐ延期で、

ようやく先週設置してもらいました。

 

もちろん今まで使っていたエアコンには、

「20年間、冷やしてくれてありがとう!」と

お礼を言いました。

 

 

新しいクーラーはやはり快適です。

スイッチを入れると

「27℃で冷房を開始します!」と宣言してくれます。

これで、間違えて暖房をつけてしまうことな避けられそうです。(笑)

 

消すと毎回「今日の電気代は6円です」とか

電気代を教えてくれるのです。

「えっそれだけ?」

やはり新しいクーラーは節電なのですね。

 

ところが今日のアナウンスには戸惑いました。

「もうすぐ昨日の電気代にちかづきます!」

と言われたのです。

どう行動していいか一瞬迷いました。

 

昨日の電気代を超えたら行けないのか。

でもまだ暑いし。。。。とそのままにしていると

「今日の電気代が昨日の電気代を超えました」

とアナウンスがありました。

 

これはどう受け止めたらいいのでしょう?

 

「やったー!」という達成感ではないし、

昨日より電気代を使ってしまっているという罪悪感でもない。

節約したい人のためなのかなぁ。

 

なんだか複雑な気持ちになったエアコンとの会話でした。

 

 

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら