数年前の今頃、息子2人は、中学、高校とダブル受験の真っ最中でした。

家中、なんとなく重苦しい緊張感が漂っていたある夜

長男が、久しぶりに笑顔で、

プリントアウトした紙を持ってきたのです。

それは、クラスメートから送られたジョークでした。

正確ではないのですが、こんな話だったと思います。

 

* 容姿を気にしている姉を慰めようと 父親が「お前、人間は顔じゃないよ」と言う

つもりで、「お前の顔は人間じゃないよ」と言ってしまった。姉は泣き出した。

 

*  夏休みに、友達が家に遊びにきてみんなで騒いでいたら、母親が部屋を通りながら、

「いいねぇー、あんたたちは、 毎日がエブリデーで!」と言った。

母はいったい何が言いたかったのだろう?

 

*  熱があると言って母親が、よろよろしながら夜中 アイスノンを取りに台所に行った。

朝起きてみると、母の布団の上に 解凍されたイカが置いてあった。

 

*  母親が寝言で、「いのししが押し寄せてくる! たけし、にげなさい!」とどなった。

ぼくは、どこに逃げたらいいのだろうか。

 

一枚のジョーク集で笑ったおかげで、とっても気分が楽になったのを覚えています。

受験生のための夜食にジョークを添えてみてはいかがでしょう?

2014.1.27

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら