状況を別の見方で見せてくれるのがユーモアセンス。
 
自分の短所も見かたを変えたら長所になります。
 
 
女子高校生が考えたアプリ「ネガポジ辞典」ご存知ですか。
 
 
 
 
例えばネガポジ辞典で「頭が堅い」をひくと次のようなポジティブな意味が書いてあります。
 

①自分をしっかり持っている。

②芯が強い

③肝が据わっている。

英語が苦手は

①それでもいい

②のびしろがある

③英語教師になれる素質がある

④他の言語を学ぶという手もある
 
①それでもいい というコメント笑ってしまいました。
 
これを英語コミュニケーション&ユーモアクラスでは視点を変える練習にしています。
クラスを二つに分け 一つのグループに自分の短所を言ってもらい、
 
反対チームは相手チームのメンバーの短所を長所として言うのです。
 
 
例えば、一人が ”I can’t drink ” (お酒が飲めない)というと
 
他のチームのメンバーが 

”That’s wonderful!  You can save money!””

”Everyone will love you! You can be a designated driver! ”

 
とほめたたえます。(^-^)v
 
 
 
探せば出てくるものですね。
皆さんの意外な視点に大笑い。
 
自分はダメだなぁと思ったとき、 
 
嫌な上司に腹が立つときなど、
 
ネガポジ辞典で引いてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
お知らせ

★ラジオ番組出演情報
J-Wave「STEP ONE sawaiseiyaku sound clinic」にマンスリー講師として出演します!

→詳しくはこちら

→関連ブログ記事はこちら

 

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。