「心の処方箋」河合隼雄著 の一章です。

 

「休み」が大切なのである。

休んでいる間に人間は何か他のことを考える。

休みという余裕が一本筋の自分の生き方以外に

多くの他の筋があることを見せてくれるのである。

 

こんなことを考えてくると、

日本人がユーモア感覚に欠けると批判されることと、

日本人が休みを取りたがらないと

いうことが深く関連していることが分かってくる。

(心の処方箋 マジメも休み休み言えより)

 

 

日本人でユーモアセンスがある人 

と言われて一番最初に思いつくのが

河合隼雄氏です。 

 

久しぶりに読み返すと心が穏やかになります。

 

・ふたつよいことさてないものよ

・100%正しい忠告はまず役に立たない

・マジメも休み休み言え

・心の中の勝負は51対49のことが多い

・心配も苦しみも楽しみのうち

 

など55章あります。

 

私が一番好きな言葉は、

 

ものごとは努力によって解決しない

 

今から7年ほど前、家族問題で悩んでいた私は

このクリシュナムルチの言葉に救われました。

「努力したって解決しないこともあるんだ」

と思ったら 

気持ちが楽になったんです。

 

この本を読んで「人生が変わった」という人があまりに多いから

と勧められた本です。良かったらぜひ読んでみてください。

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら