8年ほど前、トーストマスターズのコンテストで

乗客がバスの運転手に

「ありがとうございました」と

言うのを聞き、感動したという話を聞きました。

 

%e3%83%90%e3%82%b9 

 

そういえば、アメリカに住んでいたころは

 

料理を持ってくるウェイトレスにThank you

 店で買い物をするときも店員にThank you 

前を歩いている人がドアを抑えてくれるときも、Thanks

 

毎日平均20回くらいThank you を言っていたような気がします。

 

小学校のスクールバスに子供たちと一緒に乗ったときも 

降りるとき、一人ひとりが運転手さんにThank you と言っていました。

 

「日本でもやろう!」

スピーチに元気づけられた私は

早速次からバスの運転手さんに

「ありがとうございました」と

言ってみることにしました。

 

ところが。。。。

 

降りる時に言おうとすると

声を張り上げないといけないので、

(バスの真ん中にドアがあるため)

なかなか勇気が出ないのです。

 

前のドアから降りる時も

なかなかタイミングが合わず

言えずじまい。xx;

 

そもそも「ありがとうございます」って長すぎると思いませんか? 

Thank youだったら2音節でサッと言えるのに、

ari ga to go zai mas は 6音節か7音節? 

 

かと言って年上の人や初対面の人には

 「ありがとう」は言えません。 

関西弁も話せないので「おおきに」も使えず。。。

 

 

「ありがとうございます」に苦戦した私は、

まずは 乗るときに

「お願いします」ということにしました。

 

これはバスに乗るときに

階段を上る勢いで

「お願いします」と言いながら 

suicaをスキャンするので自然にできました。

 

 

無表情の運転手さんもいるけれど、悪い気はしないはず。

 

自然に「ありがとうございました」が

言えるようになったのは、約2年後でした。

 

先月 スピーチコンテストで 

「ありがとう」のスピーチをされた方に

私の「ありがとう奮戦記」をお伝えしたら とても喜んでくれました。

 

「ありがとう」は 言われるのも 言うのも 嬉しい言葉ですね。

 

 

「ありがとうございました」は長すぎるので、短縮形「アリー」も加えたらどうでしょう。

「いー」で終わるので口角があがり 笑顔になれます。

2020年のオリンピックまでに流行らせたいなぁ。

 

最後まで読んでいただき アリー!(#^^#)

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら