日本笑い学会という学会があるのをご存知ですか?

お笑い学会ではありません!(笑)  

笑いの総合的研究を目指す立派な学会なのです。 エッヘン!
(会員ではないのですが 笑)

研究会が月一回 浅草であり、笑いに関する研究している方の話を聞くことができます。

前回は西田メディカルクリニック理事長 西田元彦氏の「笑ってゆっくり生きよう~上手な脳のだまし方~」がテーマでした。

思いっきりイイ!テレビ出演されたことがあります。

「小泉孝太郎さんかっこいいでしょう! でもどちらが孝太郎さんかわかりますか? ちなみに右側が孝太郎さんです」なんてジョークも交えての楽しいお話でした。

 

作り笑いでも笑いの効果がある!

顔の筋肉が動くことで脳に楽しいという情報が行き、脳が刺激されて今度は脳から体に信号が送られ、眠っている遺伝子がONになり、免疫力を高める遺伝子、新陳代謝を活発にする遺伝子などが働いて、癌にかかりにくくなったり、血糖値が抑えられたする。

笑いの効果はこんなにあります!  

・がん予防
・認知症の予防
・糖尿病の予防
・美肌効果
・ストレス解消
・風邪などの感染症予防
・脳梗塞 心筋梗塞の予防
・肥満の予防改善 
・関越リウマチ通の緩和
・アトピー性皮膚炎の改善 (西田メディカルクリニック 西田元彦ほか調べ)

これが作り笑いでも得られるとしたらやってみるだけの価値はあると思いませんか? 私はそう思って10年前作り笑いの練習をしました。 

作り笑いのポイントは2つ

1. 目と口が同時に笑うこと

眼輪筋(がんりんきん)と大頬骨筋肉(だいきょうこつきん)が同時に動くと(自然な笑い)脳内の楽しい感情をつかさどる部分が活性化するそうです。 片方では脳波には変化はないということでした。

2.左右対称の笑顔

何か企んでいるとき、人をあざ笑うときは、左右非対称になるそうです。普段から左右対称な笑顔を心がけることで 脳にもよい刺激が送られて、健康効果を高めます。
詳しくは、こちら

笑顔の練習のときには、何か楽しいことを思い浮かべて 笑ってみてください!
美味しかった食事、大好きなペット、赤ちゃんの笑顔、人から言われた褒め言葉、最近あった楽しかったで出来事
感謝することなどを思い出して笑顔になると 優しい笑顔になります。

とはいっても、状況によってはすぐに楽しいことが思いつかないこともあるかもしれません。そんな時はとりあえず口角を上げることから始めてみてください。

練習風景を人に見られると不審に思われるので(笑)一人のときがいいでしょう。
電車を待っているとき、歩いているとき、エレベーターの中、料理をしているとき、トイレの中、お風呂に入っているとき、

頬が筋肉痛になるくらいやってみてください。 これでもかーこれでもかー! (笑)

体と心が元気になると思えば こんな楽なことはありません! 何しろ笑いに副作用はないですから。

形状記憶のワイシャツがアイロンがかけやすいのと同じで、笑顔が形状記憶されてると 何も考えていないときむすーとした顔にならないのです。人と話しているときは笑顔なのに、一人になると、不機嫌そうな顔になると怖いです。 

人のための笑顔ではなく、自分の心と体が元気になる笑顔 試してみませんか。

笑顔のスピーチ 「ハッピーラッキーミー」のスピーチ動画はこちらです。 英語版はこちら    

読んでいただき、ありがとうございました。      

お知らせ

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら