昨日の朝悲しいメールが届きました。

 
私が留学生のときからお世話になったRuth が亡くなったという知らせでした。95歳でした。

Ruth との出会いは、大学1年生のとき通訳として彼女の家に行ったのが始まりでした。

「英語がほとんど話せないのに、通訳としてくるたぁ いい度胸だ!」

 と気に入られ(笑)それ以来 休みのたびに家に呼んでくれました。

 

彼女に出会わなければ、ユーモアに関心を持つことはなかったかもしれません。

身長は145cmくらいで小柄なのですが、いつもハイヒールを履いて背筋をピンと張って顎を少し突き出して、

「私はね。こう思うの」とゆっくりと言葉を選びながら話す姿はとても魅力的でした。

 

表情がとても豊かで、目をぐるぐる回したり、口を麻生副総理のように曲げて(笑)話すので、見ているだけで笑ってしまうのです。

 

70歳のとき散歩をしているとき根っこにつまずいて転んで顔を打ち 顔があざで紫色になったことがあります。

それでも大きなサングラスをしてスーパーに買い物にでかけ、他のお客さんに

「どうしたんですか?」と聞かれたら、こう答えたそうです。

 

「ちょっとボーイフレンドと喧嘩したのよ。あっちの方がひどい顔なんだから!」

 

不幸なできごとも笑い話にしていました。

 

サンディエゴで祝った90歳のお誕生日は良い思い出です。

帰国後 どうしてもRuthのことを伝えたくてスピーチを作りました。

つたない英語のスピーチですが、日本語にも訳したので、お時間があるとき読んでいただけたら嬉しいです。

 

5年前、サンディエゴで2人で散歩していると、蝶が飛んできました。

私が、「 死んだら別の生き物に生まれ変わるって本当なのかしら」とつぶやくと、RUTHが いたずらっぽい目をして言いました。

 

I will let you know. 「教えてあげるわよ!」

 

なんだか動物に話しかけられそうな気がします。 

 

1年以上続いた闘病生活は苦しかったことと思います。

でも最後の最後まで、ユーモアを忘れない 周りを笑顔にする 素敵な人でした。

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
10月からオンライン秋コース始まります!

→詳しくはこちら

★Lifehacker(ライフハッカー)で紹介されました。
「人生を変える、人間関係が豊かになるユーモアセンスの磨き方」

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら