今日は父の日。

 

父が亡くなってから6年になる。

若い頃は短気で、

自分の思い通りにならないと急に怒り出し、

家中が暗くなった。

 

 

私の理想の男性の第一条件は、「怒らない人」だった。

(おかげさまで、これは望みがかなった)

 

そんな父だったが、

退職して家にいるようになってからは、

だいぶん丸くなった。

 

退屈そうにしていたのを見たことがない。

 

新聞のスクラップブックも何冊もあったし、

好きなサッカーは80歳近くまで続けていたし、

地域の役員のようなことも引き受けていて、

すべてに積極的だった。

 

孫である息子たちとも遊んでくれた。

発想がユニーク。

ボイスレコーダーに笑い声を録音したのも父だった。

【自分が笑えば、相手も笑う「わっはっは菌」の感染力】

 

考えずに行動するところは、私は父譲りだと思う。

 

70代で一人でイギリスに単身留学したのには驚いた。

ほとんど英語が話せないのに。

 

公園で、一人でサッカーをしていたら、

何か言いに来た人がいたが、

何言っているのかわからないから

そのままボール蹴っていて、

さて、帰ろうとしたら

門に鍵がかかって出られなくなったらしい。

 

どこも閉まっていて、

結局よじ登って出たそうだ。(⊙_⊙;)

 

父のことを書いたブログを読み返したら、

結構面白かった。

【お年寄り扱いNG! 父の病院でのユーモア】

 

病院での会話をシェアしたブログは

 

「ユーモアのある素敵なお父様ですね」

「さすがマーサのパパですね」

「こういう男でありたいです」

「お父様のユーモアコミュニケーション塾を開催してください」

 

などとたくさんコメントをもらった。

 

私が一番思い出すのは、

夜勉強しているときに

作ってくれたおじや

冷やご飯を水で洗ってから

鍋に入れていた。

父は料理も好きでよく作ってくれていたのだが、

味付けがいつも絶妙だった。

卵焼きも中が半熟で、柔らかくて美味しかった。

 

それなのに、私が最後に作った卵焼きは、ひどかった。(´;ω;`)

後悔先に立たず。

父が大喜びしてくれたお蕎麦のことを思い出すことにしよう。

【父と過ごした蕎麦ランチ 病院後の心温まる時間】

 

昨年父の日に父のブログをまとめていた。

くすっと笑える父のエピソード集

 

 

花屋さんで見かけたニチニチソウがきれいで真似してみたが、

グリーンが多くて感じが違ってしまった。

でもこれはこれでいいかもしれない。

 

お知らせ  

★8月4日に単発セミナー開催します!
ユーモアコミュニケーション【ダイジェスト!】
8月4日(日)10時~12時

ぜひお気軽にご参加ください!
→詳しくはこちら


★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル