一度どん底に落ちた舛田光洋さんが、

復活したのは、クラブハウスのおかげだった。

 

前回のブログはこちら

そうじをするために生まれてきたんじゃない!】

 

 

家から声だけで参加できて、

相手をリラックスさせる天才の

下間都代子さんに、いじられて、

だんだん素の自分が出せるようになったそうだ。

 

 

私が初めて舛田光洋さんの声を聞いたのは、

「3日で運がよくなるそうじ力」の本が紹介されていたときだった。

 

多分初日だったと思う。

 

都代子さんが、

『人生がときめく 片付けの魔法』の著者こんまりさんのことを

話題に出して「先を越されて悔しくなかったですか?」と

直球の質問を投げかけたのだ。

 

 

舛田光洋さんの本は2005年に、

こんまりさんの本は2011年に、出版されている。

 

 

「すごい質問するなぁ」と感心していたら、

 

 

舛田光洋さんが、

「そりゃ~悔しかったですよ」

 

と正直な気持ちを打ち明けた。

 

 

このとき、舛田光洋ファンになった人は大勢いるにちがいない。

 

 

都代子さんは、相手に間を与えない、

不意打ちの質問が実に上手い。

 

すると、相手は、思わず本音で語ってしまうのだ。

 

 

そして一度言ってしまったら、

 

もう普段着を見られたようなものなので、

カッコつけようとしなくなるのだ。

 

 

昨年舛田光洋さんが、

講演をしたときのこと。

 

サインを書いていたら、

 

「全然変わりましたね」

と声をかけた人がいた。

 

 

10年前に同じ場所での講演会に参加した人だった。

 

 

 

「前は、『成功者』という感じで神々しくて、

サインもらうときにも

とても緊張しました。

 

 

でも今はとても親しみやすくて

今回の舛田光洋さんが好きになりました」

 

10年前は笑う余裕も無く、

仕事に追われる毎日だった。

 

今の舛田光洋さんは、楽しいことだけ続けている。

 

余裕も出てきて、

今では、相手の緊張を解くために、

なるべく自分を落とすようにしているそうだ。

 

例えば、スラスラ話すのではなく、

(スラスラ話していた記憶はないが 笑)

 

間違えたりして、自分も緊張しているのを見せたり、

自虐ネタを披露したり、しているらしい。

 

 

例えば、

詩を書くのが好きな舛田さん。

 

奥さんと待ち合わせのとき、

なかなか来ないので、

「僕はこの体から抜け出して、

空になって

広い心で

君が来るのを待っているよ」

 

とロマンチックな詩を書いた。

 

 

 

ところが、「待っているよ」の「待」の字が「持」になっていて

をつけて返された話とか、

 

 

 

家族でVRのパークに行って

大自然を見ているとき、

キョロキョロしている姿を

息子に録画され、

 

それが家族内のラインで

笑われている話とかをシェアしてくれた。

 

クラブハウスだけでなく、

家でもいじられているそうだ。

 

 

こういうちょっとかっこ悪い話が

できるのが

ユーモアのある人だと私は思う。

 

 

リアルでこのチャーミングな舛田光洋さんに会いたい人には、

 

6月15日に、『開運ハウス』の著者八納啓造氏とのコラボセミナーがある。

そうじ力、家の使い方、家族との付き合い方の三本が学べるお得なセミナーだ。

 

会場はパワースポットでもある麟祥院。

 

ご興味がある方は、ぜひリアルで舛田光洋さんに会って

ポジティブパワーをもらってほしい。

 

詳しくはこちら

 

昨年の出版記念セミナー後の懇親会で。

 

【そうじ力ですべてうまく行く】のブログはこちら

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル