もし過去に戻って何か一つやり直せるとしたら、

子どもの頃に戻ってたくさん本を読みたい。

 

小学生の時、私は本をあまり読まなかった。

 

弟2人が年子で生まれ、

母は弟の面倒をみることで忙しかった。

 

私はいつも外で近所の子どもたちと遊んでいたように思う。

家に戻ると小さい弟たちといっしょに遊んでいた。

 

勉強も大してしなかったが、

読書はもっとしていなかった。

 

先日片付けをして読んでない本が

山のようにあることに気づいた。

 

 

 

先月のゲスト尾藤克之さんは、

耳ビジ(クラブハウス 耳で読むビジネス書)2回目の出演だった。

 

去年初めて出演されたときは、

最初2日間は警戒している声だったが、

下間都代子さんのインタビュー力で、

安心されたのか、

3日目くらいからは、

同級生に話しかけているようなリラックスぶり(笑)

 

そして今回は、

最初から「耳ビジ愛」がビンビンと伝わってきた。

自分が大好きなもの(耳ビジ)を好きな人は

それだけで好きになる。♡

 

尾藤さんの好感度がグーンと上がった。

 

私はあまり知識がないので、

頭がいい人を見ると(聴くと)

馬鹿にされるのではないかと

不安になるのだが、

 

尾藤さんは、意見ははっきり言うものの

優しく指導してくれるイメージがある。

 

 

耳ビジで紹介されたこの本をタイマーを使って

65分で読んでみた。

(60分で設定したけれど、

読み終えることができず5分オーバー(^_^;)

 

響いたのは、

1.目的をはっきりして本を読むこと

2.本は1/3 読めば理解できる。

3.本はどんどん書き込んで汚くしてOK

 

以前樺沢紫苑著の『読んだら忘れない読書術』で

アウトプットの大切さを学んだ。

ブログ【目にするすべてのものを表現する癖をつけよ】

 

ただアウトプットするには

まとまった時間がなければ、

できないと思いこんでいた。

 

そしていつ読むかも大事だ。

 

クラブハウスを聴くようになって、

午前中に読むより聴く時間が長くなっていたため、

用事、仕事が終わった夜は読む気力が残っていなかった。

 

でも15分でもいいのだ。

目次だけ読んでもいいし、

第一章だけ読んでもいい。

自分なりに時間や場所を決めて

ルーティン化していけばいいのだ。

 

今日も約一時間で1冊読めたし、

こうしてアウトプットもできた。

 

自分なりに目標も作ったので、

月末にでも発表しようと思う。

 

文学少女にはなれなかった私が、

文学熟女(笑)になると決めた日。

 

今日はひな祭り。

 

 

 

お知らせ  

★第9期ユーモアコミュニケーション10回コースは、おかげさまで全クラス満席になりました。 来期の申し込みは8月です。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル