あなたは、自分の正しさに縛られて、

不自由に感じることはないだろうか。

 

自分は正しい、

相手が間違っていると決めつけ、

人間関係がギクシャクしたことはないだろうか。

 

 

ユーモアクラスに

「映画風自己紹介」というのがある。

 

自分の人生に映画のようにタイトルをつけて話してもらうのだ。

 

 

私も作ってみた。

90秒なのでこんな感じだ。

 

…………………………………..

 

「正しい私よ、さようなら」

 

40代の頃の私は、

毎日怒ってばかりいました。

 

反抗的な息子、

家事を全く手伝ってくれない夫、

そして、夫婦喧嘩をするたびに電話をしてくる義理の父。

 

もういい加減にしてほしい!

と思うことがよくありました。

 

 

そんなある日、アメリカの友人から、

一つのテープが届いたのです。

 

聞いてみたら牧師さんのお話でした。

 

ユーモアたっぷりの話し方で、

思わず引き込まれて聞いている内に

私の中にあったイライラがす~と消えてなくなったのです。

 

 

牧師さんはこんなことを言っていました。

「怒るときって、

自分が正しい、相手が悪いと思っていないかい? 

 

でも怒って何かいいことがあったかい? 

 

疲れるし、人間関係も悪くなる。 

なにひとついいことがない。

それなのになぜ繰り返すのだ」

 

 

ズシンと心に響きました。

 

 本当の愛というのは、

 

相手が自分に不都合なことをしたときでも変わらず、

相手の幸せを願うことなんだ。

 

子供だっていい成績のときは、

大事にされ、悪いと叱られたら、

こう思うだろう、

 

「自分はいい子のときしか愛されない」って。

 

正しい自分でいたいのか、

幸せな自分でいたいのか。

どっちがいい?

 

ほとんどの時は、一つしか選べないんだよ。

 

私は自分に言いました。

「正しい私よ、さようなら」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

このカセットテープは、

車の中で何回も聞いた。

 

それから、怒りそうになったら、

自分が悪かったと認めるようになった。

 

自分の説明が足りなかったのかもしれないし、

優しさが足りなかったのかもしれない。

と思うようになった。

 

私が怒らなくなったら、

家の中も明るくなっていった。

 

もし相手が悪い、

自分が正しいと怒りの感情が湧いてきたら、

一度立ち止まって考えて欲しい。

 

正しい自分でいたいのか。

それとも幸せな自分でいたいのか と。

 

ベランダから見たバラ

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル