昨日は雨の中、シニア英会話クラスがあった。

去年からクラスに入ったメンバーも慣れてきて、いい感じ。

平均年齢は73歳くらいだが、

雨にも負けず参加してくれるのでありがたい。

 

一応NHKのテキスト「タイムトライアル」を参考にして

テキストを作っているのだが

 

シニア世代が楽しめるように

アレンジしている。

 

 

昨日のフレーズは

 

You are getting better.

うまくなっているね。だった。

 

クラスのメンバーに

自分がうまくなっているものを

言葉+ジェスチャーで見せてもらい、

 

他のメンバーが、驚いたような様子で言う。

 

You are getting better!

 

 

 

 

 

 

例えば、

ゴルフだったら、

パッキーンと打っているジェスチャー、

ピアノだったら、ピアノを弾いているジェスチャー

 

するとただ言葉のやりとりだけでなく、

場が楽しい雰囲気になる。

 

大事なのは、みんなの称賛の目。

 

 

ただ淡々と

You are getting better

と言っていると

 

「本当に 心から思っていますか~?」

とつっこむ。

 

大抵みんな笑う。

 

 

 

 

 

東京オリンピック誘致のプレゼンで、

フェンシングの太田雄貴さんが、

プレゼンの中に

フェンシングの動作を一瞬

取り入れていたのがとてもよかった。

 

感情を込めて演じる練習は大事だ。

 

〈あなたもオリンピック誘致プレゼンターになれる】のブログはこちら

 

以前入っていたスピーチクラブで

ボディランゲージを使ってスピーチをする

という課題があり、

多くの人が苦手意識を持っていた。

 

アメリカでは身振り手振りを使って話すことが

普通だけれど、

日本では意識しないと使わない。

 

普段使っていないのに、

急にスピーチのときだけ使えといっても

ぎこちなくなるのは当然だと思う。

 

だから、普段から話すときに

ちょっと身振りも入れて話すように

すれば、

聞いている人も少し楽しくなるし、

自分も体を使うので、楽になる。

 

 

昨日のクラスでは、テッドが、

You are getting betterを

言ってもらうためのジェスチャーで

体をくねくねさせて

不思議な動きをした。

 

ちなみにユーモア英会話では

全員英語のニックネームで呼び合っている。

 

テッドに何をやっているのかと思ったら、

こんにゃくダンス。

英語では Jellyfish ダンスと呼んでいる。

 

 

その動きを見て 全員が、

You are getting better! と言う。

 

それに触発されたのか、

ニックが、今度はフラダンスのジェスチャー

みんなで 

You are getting better!

 

そうか、本当のことじゃなくてもいいのだ。

何か動作をしてもらい、

それを褒めるのが目的だから。

 

 

こうして私のユーモア英会話プログラムは

どんどん進化して、

私もより面白いインストラクターになっていく。

あ、声が聞こえてくるようだ。

 

You are getting better!

 

Thank you!

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル