ユーモアセンスとは、

物の見方を変えて

そこにおかしみを見つける力。

 

ユーモアクラスでは、

言葉を使って見方を変える練習をします。

 

最近、クラス内ではやっている言葉が、

 

「ついてる、ついてる、ついてる、ついてる。。。」

 

これは、日本の玩具コレクターの北原照久さんから教えてもらった言葉です。

(クラブハウス 耳ビジで聞きました)

 

北原さんは、これを一息で言っているそうです。

一息だったらあっという間に言えますね。

 

北原さんから教えてもらった

「介護は親が命がけでする最後の子育て」のブログはこちら

 

 

うまく行かなかったとき、

がっかりしたとき

気分が沈みがちなとき

言ってみると

気持ちが少しだけ楽になります。

 

ユーモアクラスのOさんは、

冬休みで、クラスがなくて、

だんだんユーモアパワーが落ちているなと感じたとき、

 

「ついてる、ついてる、ついてる、ついてる。。。」

 

と言ってみました。

 

そして最後に

 

「マーサがついてる!」

 

といったそうです。(笑)

 

 

そしたら、

飾ってあった七福神が 

クラスメートに思えてきたとか。

 

(8人クラスなので、ぴったり)

 

 

昨日は、また素敵な言葉を

難病サバイバー、カウンセラー

南野原つつじさんから教わりました。

(ツイッターで聞いたそうです)

 

「自分ってダメだなぁ」とか

「バカだなぁ」と思ったとき

 

 

「その後、

めざましい成長を遂げることを

本人は知る由もなかった」

 

とナレーションを入れるというもの。

 

 

これいい ♫

 

早速、ユーモアクラスで練習してみました。

 

まずは 気持ちをこめて、

「私ってダメだなぁ」

を言ってもらいます。

 

こんな顔で

 

 

 

その後、ぱっと切り替えて、

姿勢を正し、

ナレーターに変身し、

「その後、めざましい成長を遂げることを、本人は知る由もなかった」

 

と言うのです。(ゆっくり、落ち着いた声で)

 

みんなとても上手でした。\(^o^)/

 

「本人は」を「マーサは」と

自分の名前に言い換えてもいいですね。

 

つまり今から10年、20年経てば、

振り返れば、一時期のこと。

 

 

みんなで、めざましい成長を遂げちゃいましょう!

 

 

 

 

お知らせ  

★2023年ユーモアコミュニケーション春コース(3月からスタート)の募集を開始しました! →詳細はこちら

 

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。