先週末 ライティングサロンの定例セミナーがありました。

 

 

 

山口拓朗ライティングサロンはこちらから

 

ピカピカ光っているのは、マネブン(カナブンみたい 笑)こと

『マネするだけで、「文章がうまい」と言われる言葉を一冊にまとめてみた』です。

 

3時間頭を使った後の忘年会。

参加するのは、2回目です。

 

最初に、40名近いメンバーの自己紹介タイムがありました。

これがとっても良かったのです。

 

(最初だったので、まだ誰も酔っ払っていない 笑)

 

【短い自己紹介】

 

一人30秒と言われても、

長々と話す人がいたりすると、

30分以上かかることもありますよね。

途中からおしゃべりが始まり、

一部の人しか聞いていないということも。。。

 

 

ところが、今回は進行役の二人が

15秒くらいで自己紹介し、

最初の人たちも、キャッチコピーのように

話してくれたので、

リズムよく進んでいきました。

 

タイマーなしなのに、スゴイ!

 

「一文は短く!」と

言われているからかもしれません。

 

 

山口拓朗さんも

 

「みんなの自己紹介が素晴らしすぎて、

ライティングサロンではなく

自己紹介サロンにしたいくらい」

 

と言うほどでした。

 

 

【移動もスムーズ】

 

長いテーブルが2つあったので、

内側に座っている人は、

反対側のテーブルの人に背を向けていたのですが、

話すときは、さっと壁の方に移動。

 

みんながその人を見ることができました。

 

山口拓朗さんが、

このサロンのいいところは

魅力的な人が集まっていることだと

言っていましたが、

それは山口さんがとてもいい方だからです。

 

サロンのメンバーは、

山口先生とは呼ばず、

「拓ちゃん」と呼んでいます。

 

40冊以上本を出していて、大先生でありながら、

少しも威張ったところがないのです。

だからメンバーも誰もいばらない。

 

小説家のメンバーNさんでさえ、

小説家というと

照れてかわいいのです。(*^^*)

 

他にもじゃんけんゲームや ポジティブフィードバックなどあって

盛り上がりました。

 

しばらくブログお休みしてしまいましたが、

たくさん刺激もらったので、これからも書いて行きます!

最後まで 読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

お知らせ  

★2023年ユーモアコミュニケーション春コース(3月からスタート)の募集を開始しました! →詳細はこちら

 

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。