今日のハッピーラッキーミー1/2 アワーでは、

自己紹介で「私のお勧め」を紹介してもらいました。

これは買ってみたいと思う調味料から、

便利な文房具、太らないスナックなどなど。

場が和むだけでなく、

お得な情報を得られる

とってもいいアイスブレイクです。

会社のミーティングの始めなどでも使えますね。

 

これはやってみたいと思ったのが、

コートにつけるクリップ。

 

 

 

 

似たようなコートを間違えて着てしまわなくて済みます。

このアヒルさん、ユーモアあっていいですね。

 

実際夫は自分のコートよりずっと高級なコートを着て

帰ってきたことがあります。

そのブログ【夫が罪を犯しました】はこちら

 

よりによって雪の降る寒い日でした。

 

 

 

私もうっかりエピソードありますが

流石にこんな失敗はしておりません。

 

さて、

ブレイクアウトルームでは、いつもの

最近あった嬉しかったこと、

楽しかったこと、頑張ったことのシェアをしました。

私のグループでは、

4人中3人が、奇しくも夫婦、親子の心温まるエピソード。

 

家族と過ごす幸せな話を聞くだけで、

優しい気持ちになれます。

 

もう一人はお手伝いしている小学校での話でした。

月2回、小学校のクラブ活動をお手伝いしているKさん。

 

5,6年生のクラスで、

ネガポジカードを使ったゲームをしたそうです。

 

一人に一枚のカードを渡し、

まずはネガティブな言葉だけ見てもらいます。

 

そしてその言葉をポジティブな言葉に変換するのです。

自分で思いつかなかった人は

周りのお友達にアイディアを出してもらいます。

 

クラスに、いつも静かで、

笑ってるのを見たことがない女の子Mちゃんがいました。

 

彼女が引いた言葉は、「消極的」

まさに彼女のことでした。

 

 

どう変換していいかわからなかったMちゃんに

周りの友だちが 

次々にポジティブな言葉をくれたそうです。

 

「それってやさしいってことだよ」

「まわりの人のことを考えてるんだよ」

 

 

クラスが終わったときに、

MちゃんがKさんに言いました。

「今日はとても楽しかった」と。

 

それがとっても嬉しかったと

Kさんは満面の笑顔で話してくれました。

 

聞いていた私達も幸せな気持ちになりました。

 

Mちゃんの気持ちがわかったからです。

 

自分が欠点だと思っていることを

ともだちに褒めてもらえたのですね。

 

このカードはペアレント・スキルアップ福岡が作っている教材

リフレーミングカードで、「ワタシのミカタ」というそうです。

 

 

Kさんが関わっているクラスでは

笑いヨガを紹介したり、いろんなゲームをして

子どもたちが、

どんどん自分のことを話せるようになってきているとか。

 

子どもたちの笑顔が目に浮かびます。

素晴らしい活動ですね。

 

次回のハッピーラッキーミーは、11月29日です。

ご興味ある方はこちらからお申し込みください。

 

 

 

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。