母が60代の頃は、実家に行くたびに

父や叔母の悪口や愚痴を聞かされるので、

実家に行くのが嫌でした。

それで、ただ行くのではなく、

何か一緒にするのはどうだろうと

考えて、料理を教えてもらうことにしました。

 

母は料理が好きで、

長年、料理教室に通っていたからです。

 

私はアメリカンのシンプルクッキングが好きで、

手の込んだ料理は作ることはないのですが、

愚痴を聞かされるよりいいに違いない。

 

 

母は大喜び。 

レシピをコピーして

毎回3品くらい教えてくれました。

 

 

いい時間をもちたいと思ったら、

相手に先生になってもらう。

 

 

年上の方はたいてい喜んで教えてくれます。

 

 

寝たきりになった母と一緒にできることは何かと

考え、謡を一緒にやることを思いつきました。

 

 

ユーチューブで「謡 簡単」で調べてみると

大きな声の動画がアップされているではないですか!

動画はこちら

 

「これは、まことに、よろこばしきこと~」(笑)

 

字幕も出るし、長さも短くてちょうどいい。

 

母も一生懸命見ています。

先生の声が大きく、

先生の後に繰り返して歌えるので、

動画を見ながら、一緒に練習しました。

「たかさごや~ このうらぶねに~

ほをあげて~」

 

その後、母のお気に入りの羽衣を

歌ってもらい、私が後を追う。

(母を先生として繰り返す)というのを

やったら、1ページ半読んでくれました。

 

 

その後 謡を始めたきっかけや、

小学校のとき仲が良かった田中まちこさん

(しっかり覚えていることにびっくり)

の話などもしてくれて

昔の話はよく覚えていることを再確認しました。

 

ただ、最後に

 

「今日はいっぱい声を出したねぇ」

 

というと

 

「そうかねぇ」ですって。

 

(ズッコケる私)

 

この日は介護師さんも来て、

たくさん話しかけてくれていたとか。

弟によると、とても元気のいい、優しい看護師さんだったそうです。

「頭しっかりしていますね~」と褒められたみたいで、

母も嬉しそうでした。

 

本当にありがたいことです。

 

 

母の部屋には、カメラが設置されて、声を出したら、

弟にすぐ連絡が行くようになっています。

 

 

 

日曜日は、アレクサと言えた母ですが、

次の日は「アレックス、アレックス」と呼んでいたそうです。(笑)

好きな俳優さんの名前で呼べればいいですよねぇ。

 

 

 

 

 

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。