先月コンロの火を消し忘れて

料理を焦がしてしまいました。

ついに私もそういうお年頃になってしまったのか~

と落ち込む人もいるかもしれませんが、

私はあまり気にしません。

 

 

 

自分の失敗を笑えるようになれば、

ユーモア度はかなり高い。

 

今週のユーモアクラスでやった

自分の失敗を笑う練習。

 

一人ずつ失敗したことを言って

その後、全員で大笑いするのです。

 

「お鍋焦がしちゃった!」

「右と左のピアス違うのつけて外にでちゃった」

「一時間かけて作ったファイル、保存しないで、閉じちゃった」

「お風呂の栓するの忘れてお湯はってた~」

「寝坊して大事な会議に遅刻した」

「駅の階段でころんじゃった」

「メガネかけたまま顔洗っちゃった」

「お財布失くしちゃった」

 

 

即興でやったのに、出ること、出ること。

 

自分もやってしまったことあったり、

ありそうと思えることばっかりだったので、

 

大笑いしました。

 

その時感じたのは、

すごく笑いやすい! 

ということ。

 

 

 

私自身も笑いヨガのリーダーで、

笑いは体にいいので、

体操として笑うこともあるのですが、

 

面白いと思えると

笑いに勢いがつくと感じました。

 

 

ファイルを保存し忘れたTさんの感想です。

 

「やったときは、ガーンとショックだったけど、

みんなで一緒に笑ったら、

どうでもいいことに思えてきました。

人生って深刻にならなくちゃいけないことって

たいしてないんじゃないかと思います。」

 

笑いの力ってすごい。

 

 

以前俳優、西村雅彦さんの

「笑える自分を作ろう!」

という記事を読んだことがあります。

 

80歳の母親が元気なのは、

「笑える自分」を作っているからだそうです。

 

西村氏は、「笑える人」になるために

外側から変えることを提案しています。

 

1.声のトーンを変える。 

  意識して高めのトーンで話すようにする。

  すると口角があがり、笑顔になる。

 

2.口角を上げて笑う→ 心から笑えるようになる。

 

3.それは、それ、これはこれ。と割り切る。

 全否定しない。「ああなるほど。あなたはそう思うんですね」一呼吸。

「僕はこう思う」笑顔で。

 

4.「自己整体」 体をウォーミングアップ、ストレッチ。

   こわばった体をほぐして人と会う。

 

外側から変えて、笑える人になる。

 

 

「笑える人」がどんどん増えますように。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。