ユーモアセンスとは面白いことを見つける力。

 

そのためにする

見方を変えるエクササイズが

ハンガーエクササイズです。

 

身の回りのものを他の物に

見立てます。

 

 

『ユーモアコミュニケーション~場の雰囲気を一瞬で変える』より

 

ハンガーエクササイズのブログはこちら

 

今回は、応用編として

欠点を面白くポジティブにするエクササイズをしました。

 

一人ひとり、自分の欠点をいい、

(具体例もあげて)

 

他の人が

「それって素晴らしいことだよ」

とか

「いいじゃないの!」

と言ってその理由を言うのです。

 

ポイントは2つ。

 

1.幼なじみに言うように馴れ馴れしく話す。

(言い方を緩めると思考も緩まる)

 

2.「それってすごいことだよ~!」と大げさに言う。

(大げさに言うと、勢いでアイディアが湧いてくる)

 

火曜日クラスは、グループ分けして作戦タイムをとったのですが、

土曜日クラスは、即興で言ってもらいました。

どちらも ベリーグッド!

 

「日本人がユーモアセンスがない」

と言われるのは、

ユーモアを発揮する場がないのかもしれないと思うほど

ユニークなポイントが次々に出て来ました。

 

例えば

「すごい不器用」というTさんへの返事は

 

「それって愛くるしいってことよ~♡♡♡」

「そういう人は他の人が助けてくれるよ」

「『器用貧乏』っていう言葉があるでしょ、逆だから。

『不器用リッチ』だよ!」

 

「もの忘れで困る」というOさんには、

 

「いいじゃない、

いつまでもうじうじしないで、切り替えが上手いってこと」

「そういう人はダブルチェックするから大丈夫」

「いつも前向きだね」

「うらやましいなぁ。それってストレスフリーってことでしょ」

 

不器用リッチ、ストレスフリーってキーワードいいですね。

なにかこぼしたりしても、

「あ~ら、ごめんなさ~い。わたくし、

不器用リッチなもんで。おほほほほ」

なんて答えそう。

 

片付けが苦手なMちゃんに

「大丈夫、そこにMちゃんがいたってわかるよ」

というコメントには笑いました。

 

エクササイズのあとの感想は、

 

・すごく面白かった。

・気持ちを込めて言うと元気が出てきた。

・人のことはできるけど

(欠点を長所に変換できるが)

自分のことはなかなか出てこない。

自分にも友だちに話すように言ってみようと思う。

・「力技のこじつけ」もあったけれど、それがおかしかった。

などなど。

 

 

敬老のお祝いに、

孫たちの絵を刺繍したタオルをもらいました。

 

可愛くないですか!

そしてこのアイディア素晴らしいと思いました。

2歳半の子のはなんの絵かわかりませんが、(笑)

それも楽しい。

上手な絵でないからこそ、味がある。

 

 

私の欠点はブログに時間がかかること。

 

「いいじゃない! 

それって相手に伝わるように書こうとしているってことだよ!」(笑)

「いいじゃない、タイム縮める楽しみがあるよ!」

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

お知らせ  

★毎朝6時半からラインオープンチャットでライブトークしています。
『クスッと笑ってシャキッと目覚める朝の15分』
ぜひお耳寄りください!
→詳しくはこちら


★ユーモアコミュニケーション10回コース第10期は、9月スタートです。


★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

【2023最新】「伝える力」のおすすめ本100選!
人気ランキング
で3位に選ばれました!

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。


★LINE公式でユーモアに関するイベントを紹介しています。
登録はこちらから
※登録されて方には「ユーモア体質になる100の方法」をプレゼント!

  

★You Tube始めました!

ユーモア・コミュニケーションチャンネル

英会話でええ会話チャンネル