楽しい和やかな雰囲気を

作るには

何をしたら、いいでしょうか。

 

 

大事なのは、

 

あなたの態度

 

です。

 

自分が「いいこと言ってやろう」と思っていると

相手の話が耳に入ってこなくなり、

リアクションがなく、

録画で見返すと 表情が硬いのです。

 

当然 相手も話しにくくなります。

 

ところが、

相手が話しやすい雰囲気を作るために

自分はいるんだと思うと

笑顔になり、リアクションも大きくなり、

相手は話しやすくなります。

 

そして聞いている自分も楽しくなるので、

自分が話す番がきても、

リラックスして話せるようになるのです。

 

 

 

 

ユーモアクラスのKさんが、

クラスの学びをイラストにしてくれました!

 

Kさんは2期目の参加ですが、

どんどんユーモア体質になってきています。

 

自画自賛エクササイズでも

第一期めは、

「責任感があること」とか

「努力家なこと」でしたが、

 

今期は、

「セミの抜け殻を見つけるのが得意なこと」

「毎日欠かさず 漫画を読んでいること」

 

で笑ってしまいました。

 

 

自画自賛エクサイズはやればやるほど

たくさん出てきて、

書いているだけでも

楽しくなるので、

ぜひ、自分のいいところ

書き出してみてください。

 

(ちなみに私は25まではノンストップで書き、

その後、休み休み50書きました。)

 

自画自賛エクササイズをやっていると

褒め言葉も自然に受け止められるようになります。

 

真面目な人は謙虚なので、

ほめられても

 

「とんでもない!まだまだです」

 

と答えがちですが、

あまり楽しい雰囲気にはなりません。

 

それより、

 

「ですよね」とか

「やっぱり?」と

いたづらっぽい顔で言うと

笑えます。

 

素敵なイラストを描いてくれたKさんに

 

「Kさんのイラスト、とっても可愛くて、わかりやすいです!」

 

と褒めたら

 

「私もそう思います!」

 

と返ってきました(笑)

 

今後の成長が楽しみです。(*^^*)

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。