これは国際文化会館のひな人形です。

コロナ前は、ここでユーモアコミュニケーションクラスを開催していました。

お庭も美しく、いい気が流れている場所です。

 

先日こちらで勉強会があったのですが、

実はその日は施設にいる義母との面会の日でした。

夫は、いつもぎりぎりで予約を取るので、

空いている日が少なく、自分の都合だけで決めてしまいます。

私は当然行くと思っていたようです。

 

私も勉強会に参加するのは、諦めるつもりでした。

仕事だったら仕方がないけれど、

私の趣味の勉強より、

嫁としての役目を果たすべきだからです。

 

ただ面会時間は、15分だけ。

 

考えた末、5日前にテレビ電話で

顔を見ながら話すこともできたので、

今回は、夫だけに行ってもらうことにしました。

 

 

とは言え感じる罪悪感

 

夫と話すより私と話したいに決まっている。

なんて薄情な嫁なんだと思われるかも。。。

 

やっぱり一緒に行くべきなんだろうか。。

 

揺れ動く心

 

「やっぱり行くことにしたわよ」

と言おうかどうか迷っていたときのことです。

 

 

夫が嬉しそうに言うではないですか、

「〇〇(息子)がみんなで来てくれるってさ!」

 

「な、なんと!」(*_*)

 

夫も自分だけでは義母もがっかりすると思ったのか、

息子に救援を頼んだようです。

 

義母だって私と話すより、

ひ孫たちと話す方が数十倍も嬉しいはず。

(実際すごく喜んでいたと後で聞きました。)

 

息子家族がお昼ごはんを買ってきてくれることになったので

夫の昼の準備をすることもなく、

私は勉強会へ。

 

 

孫たちも家にある玩具でモクモクと遊んでいたようです。

快く来てくれた息子夫婦に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

私もおかげさまで

井上敏之師匠と他のメンバーから

たくさんの刺激をもらいました。

 

英語で2時間話し続けたので、

翌日のCHPのミィーティングもスムーズに進められました。

前日がいいリハーサルになったようです。

 

 

あんなに罪悪感を感じていたのがバカバカしいくらいです。

 

誰かのために我慢するのではなく、

自分のやりたいことをやっていいんだ! 

自由に自分の時間を使っていいんだ!

 

そう思いました。

 

ちなみに勉強会の名前は『自由時間』(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絵手紙が趣味の生徒さんからもらったものです。

 

二枚とも眺めているだけで笑顔になれますね。

お知らせ

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。