新年明けましておめでとうございます。

 

今日は息子たち家族が来て賑やかに過ごしました。

長男が注文したおせちを持って来てくれることになっていたので、

私はきんとん、ナマス、お煮しめとお雑煮だけ作るつもりでした。

ところが、お煮しめに以外と時間がかかってしまいました。

 

「里芋ってこんなに硬かったっけ?」

「れんこんがいびつになる~!」

「え~酢水につけるの~?」

かなり独り言が多い料理となりました。^^;

でも出来上がりはまぁまぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

右上の数の子が入っているのが、プロのおせちです。

 

れんこんも厚いカットになってしまったのですが、

孫たちも美味しく食べてくれました。

特にうまくいったのがきんとん! ←これが自慢したくてたまらない。(笑)

きんとんを作り始めてから20年(くらい?)一番のできかもしれません。

今回は裏ごししました。(頑張った私に拍手!笑)

 

4年前は砂糖の代わりに塩を入れてしまい、

FBでたくさんの励ましとアイディアをもらいました。

そういう失敗はネタになります。

そのときのブログはこちら

『ユーモアコミュニケーション~場の雰囲気を一瞬で変える』にも書かせてもらいました。

 

毎年ひとつ新しい料理に挑戦しようと思っているのですが、

今年は伊達巻を作ってみました。

練習用にはんぺんを2つ買い、 

スマホで作り方を検索して一度作ってみたのですが、

卵焼き器に対して分量が多すぎて、ひっくり返すことができず、

失敗。

2回め、大きなフライパンで作ってみたら、見た目は完璧!

ただ甘さ控えめと書いてあるレシピだったので、

甘くない伊達巻になってしまいました。^^;

「甘くない伊達巻は伊達巻じゃないよ」

と夫に言われ、がっかりしましたが、

他に味の濃いきくらげの甘辛煮や昆布巻などがあるので、

一緒に食べれば、丁度よく感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【おせち作りから学ぶ人間関係】

 

会話もおせちのようなものかもしれません。(すごい飛躍!)

すごく目立つ人がいるときは、

ちょっと味を控える。出しゃばらない。

でも周りの人がおとなしい人が多いときは、

ちょっと濃い味を出して盛り上げる。

いろんな料理が一緒になったほうが見た目も華やか、味も様々。

 

いろんな味が出せる人になりたいなと思った1月2日でした。

 

今年も温かいユーモアブログを書いて行くつもりですので、

どうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ  

「ユーモアコミュニケーション秋コース」の申込みを開始しました!
 →詳しくはこちら

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。