年末にユーモアのある品物をゲットしました。

 

 

それが、こちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五味太郎著の言葉図鑑。

たまたまリサイクルショップにいたときに

品物を持ち込んでいた人がいたのです。

 

このリサイクルショップは、自分が値段をつける事になっています。

私もほとんど着てなかった服やまだきれいな食器などは、

捨てる前に出すようにしています。

 

遠くからですが、なんだかかわいい絵。

中を除くと形容詞にひとつひとつ絵がついています。

例えば「お母さん」と書かれたページには

いろんなお母さんの絵が描いてあるのですが、

その一つ一つが笑ってしまうのです。

 

ユーモア伝道師の私としては、買わねばなりません。😊

4歳の孫もきっと喜ぶはず。

最初は2,3冊選ぶつもりだったのですが、

5冊全部買ってしまいました!

(といっても古本なので5冊で1冊の値段)

 

 

 

 

 

 

 

 

天気、山、車、お母さん、お父さん、赤ちゃんなどの

名詞に飾る言葉が絵とともに書いてあります。

 

たとえば帽子というと、

ぱっと思いつくのが、麦わら帽子や野球帽。

でもこの本には普段使わない言葉がついていて

その絵を見るとくすっと笑ってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きい帽子、小さい帽子、きつい帽子くらいは思いつきますが、

おしい帽子、ほしい帽子は新鮮でした。

もどかしい~も感じ出てますね~(笑)

 

まずは〇〇の帽子で思いつく限りあげていくのでしょうね。

ここにない帽子をあげるとしたら、

あたたかい帽子、すずしい帽子、くねくね帽子、きけんな帽子(触ると怪我しそうなもの?)

ぺしゃんこ帽子、おいしい帽子、はねる帽子、濡れてる帽子、見えない帽子、、、

楽しい~♬

 

想像力を養う練習になります。

 

ユーモアコミュニケーションクラスの即興トレーニングでも

ありえない〇〇シリーズで練習します。

 

ありえない椅子、フライパン、靴など、、、

コースも後半で安心と安全の場ができているのと、

考える時間を与えず、ポンポンと言ってもらうので、

次々と面白いアイディアが出て来ます。

そのたびに笑うので、

リラックスしてまた別のアイディアが出てくるのです。

 

メンバーのひとりOさんは、

「発想力は伝染する気がする。

他の人のアイディアを聞いているうちに

だんだん自分の枠が外されていく。それが楽しい」

と感想を述べていました。

 

Kさんもひとこと。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない ですね。」

仲間と一緒に練習するからこそできると言っていました。

 

ユーモアコミュニケーションは個人競技ではなく、チームプレイ。

 

これからの時代、想像力を養う練習は、

とても大切になると思います。

 

ありえないクラス目指します!(笑)

お知らせ  

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。