なぜ、私が、突然自己開示したのだろうと疑問に思っている方も

いらっしゃるかもしれません。

 

なぜユーモアコミュニケーションを伝えたいのか】のブログはこちら

 

それはオンラインのライティングサロンがきっかけです。

 

半年前このサロンに入会したのは、

ユーモアコミュニケーションを

多くの人に伝えられるようになりたいと思ったからです。

 

ライティングサロンでは、ブログを書く人のグループ「したグル」があります。

いろんな専門分野の記事は、とても勉強になります。

(税金、闘病、排便、プレスリリース、吹き矢など)

 

その中で衝撃を受けたブログがあります。

それはある男性Fさんのトラウマの記事でした。

 

子供の頃先生に暴力を振るわれたこと、

家で兄弟と比べられて辛い思いをしたことを

さらけ出したブログだったのです。

 

文章を読んだだけでしたが、とても共感し、

定例セミナーで初めてお会いしたときに

「ブログ読みました~! 

私も似たような経験があったのでお気持ちよくわかりました!」

と思わず言っていました。

 

他にも離婚、再婚、子供のことなど暗い過去について包み隠さず文章にしている姿に感動しました。

そしていつか、自分も同じように自分の過去について

書けるようになりたいと思い始めたのです。

 

そしてついに、先月の定例セミナー後の食事会で

サロンの山口拓郎さんとFさんに

「おとなしかった、暗かったことも書いたほうがいいんですよね。」と相談してみました。

お二人の答えはYES!

何もかもがうまく行っている人より、

辛い過去を乗り越えた人の方が、共感すると言われました。

 

投稿後、多くの方からメールやコメントをもらって、

思い切って書いてよかったと思います。

 

そのFさんが、私が自己開示投稿したときに

私の『ユーモアコミュニケーション』の本の書評を書いてくれていてびっくりしました。

 

それがこちら

 

最後の奥さんPさんのギルティ プレジャー笑ってしまいますよね。

Pさんのエッセイはいつも大笑いするので、

私はユーモアライティングの師匠と尊敬しています。(*^^*)

 

土曜日はライティングサロンの忘年会がありました。

書くことを学びたい人たちの集まりなので、

一緒にいてとても刺激があります。

切磋琢磨してみんなで成長していきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ライティングサロンの忘年会の写真です。

お知らせ

★ラジオ番組出演情報
J-Wave「STEP ONE sawaiseiyaku sound clinic」にマンスリー講師として出演しました!

→関連ブログ記事はこちら

 

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。