子供の時に写した「シナの5人のきょうだい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シナの五にんのきょうだいが 

ツナの五にんのきょうだいになっている~(笑)

 

どんな話かというと。。。

顔がよく似た5人の兄弟には特殊能力があります。

1番めのおにいさんは、海の水を飲み干すことができる

2番めのおにいさんは、首が鉄でできている

3番めのおにいさんは、足をどんどんのばすことができる

4番めのおにいさんは 焼けない

5番めの末息子は息をしないで生きることができる

息をしないで生きるってどういうこと???

 

長男がわがままな男の子のせいで死刑を宣告されました。

 

母親に別れを告げるため家に帰るたび、別のお兄さんに変わり、

いろいろなやり方で殺されそうになりながら、

特殊能力で乗り越えるという話です。

 

今読むと

「なんで毎回母親に別れを告げに帰るのを許したのだろう?」

という疑問が起きますが(笑)

この繰り返しが面白いのですね。

 

最近よくこの話を思い出します。

 

誰でも何か一つ特殊能力を持っている。

みんなが、それを発揮できる社会になると

いいなぁと感じるからかもしれません。

 

先週シニアクラスで

I’m good at ~ 

〇〇が得意です。

というフレーズを一人ずつ言ってもらいました。

 

以前も何回か練習しているフレーズですが、

今回は、

「ちょっとだけ上手くできていることだったら何でもいいです」

「目玉焼きだって、トイレ掃除だっていいです!」

「お互いの得意なことがわかったら、

教えてもらえるじゃないですか?」

と背中を押しました。

すると、

 

I’m good at making jam.

I’m good at singing at karaoke. (カラオケ)

I’m good at writing calligraphy. (習字)etc…

 

ジャム作りが得意、煮物が得意、アクセサリー作りが得意、

ガーデニングが得意。写真を撮るのが得意 などなど。。。

 

みんながどんどん話し始めたのです。

新しくクラスに入った女性は最初、

「え~私なんにもありません~」

と恥ずかしそうにしていましたが、

 

他の方の文を聞いて

 

I’m good at making 生姜焼き

と堂々と言ってくれました。

 

するとなんということでしょう~

 

(ビフォーアフターの音楽が流れる ♪ )

 

爽やかな、清々しい空気に変わったのです。

 

みんなが得意なことを楽しそうにいうだけで

なんと明るい世界になるのでしょう!

 

プロ級の腕前である必要なんてないんです。

少し経験があったり、

知識があったら誰かの役に立つかもしれない。

ちょっと得意なことをみんなが気楽に話せるよう、

まずは、英語で嬉しそうに言ってもらおうと思います!

 

I’m good at making Makizushi!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

★ラジオ番組出演情報
J-Wave「STEP ONE sawaiseiyaku sound clinic」にマンスリー講師として出演します!

→詳しくはこちら

→関連ブログ記事はこちら

 

★著書「ユーモアコミュニケーション 場の雰囲気を一瞬で変える!」

ライフハッカーで紹介されました。

→ご購入はこちら
※Kindleでも購入できます。