夫が始めたパンスク パンスクリプション。

 

毎月一回、各地のパン屋さんから

8種類くらいのパンが送られて来ます。

地元のパン屋さんのときもあれば、

地方のパン屋さんから来ることもあります。

 

 

先日冷凍庫を見ると食べてなかった黒いパンが入っていました。

チョコレートパンのよう。

最後の一個。

オー・ヘンリーの最後の一葉 ならぬ最後の一パン。

 

美味しいのかなぁ~

だいたいは美味しいのですが、たまに外れパンがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目は今ひとつ。

 

私は半分に切って

片方だけ食べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うぉ~~~~!なんて美味しい!」

ラム酒が入っていてなんとも言えない味。

 

心優しい妻は、この味を愛する夫にも味わってほしいと

袋でカバーしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。。。

 

。。。。。

 

でもふと思ったのです。

夫はこのチョコレートパンが冷凍庫に入っていたことを知らない。

 

ということは、私がたとえ、残り半分を食べたとしても

何もがっかりすることはないのです。

 

 

だって知らないんですから。

 

でも、私はもうすでに半分食べて

どんなに美味しいか知ってしまったわけです。

記憶喪失に無理やりなろうとしてもなれない。

 

私の舌があの美味しさを覚えているのです。

 

「夫に半分あげる」と口に出してしまっていたら、

舌の根も乾かぬうちに

「私が食べる」というのは、けしからんことですが、

私は頭の中で考えただけで、口に出してはいないんです!

 

そうです。私は何も悪いことをしているのではありません!

 

すると、半分のチョコレートパンの声が聞こえてきました。

「僕は僕を愛している人に食べてもらいたい~!」

 

「わかりました~!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チョコパンもハッピー! 私もハッピー!

ウィンウィンの関係です。\(^o^)/

 

大丈夫。黙っていれば、気づかないでしょう。

 

鈍感もこういうときには、ありがたいことです。

 

鈍感 →  小さいことを気にしない。おおらか。

短所変換してみました。

 

そんなことはつゆ知らず、夫が帰ってきました。

こんなものを買ってきて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良かった。食べておいて良かった。

これより数倍も美味しかったチョコパン。

夫はバナナクレープで幸せそう~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も罪悪感に苛まれることなく、

あの美味しかったチョコパンを思い出して休むことができました。

 

食べたいものは、食べる! 

今日決めました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。