今日のトーストマスターズ(スピーチクラブ)の例会のテーマは、

歯、口 でした。進行役が歯科医のRさんだったのです。

トーストマスターズクラブについてはこちら。

私たちのクラブでは即興スピーチを練習しています。(1分~2分半)

 

メンバー全員が「口」「歯」に関する質問を用意してきました。

・あなたの歯医者さんでの思い出を話してください。

・最近歯がゆい思いをしたことはなんですか?

・口やかましい人に悩まされたことについて話してください。

・3歳の女の子に聞かれました。「どうして歯磨きしなくちゃいけないの?」答えてください。

・歯に衣(きぬ)着せない話をする人に関してどう思いますか?

・あなたが誰かに噛み付いた、または噛みつかれた経験について話してください。

私がもらったお題は、

「ある朝目がさめたら、歯が全部なくなっていました。どうしますか?」

 

「おゔぉしおい いうおん あいあおーごあいまいあ」

(面白い質問ありがとうございました)

歯がない人のようにもごもご話し始めたらウケました。

「写真を撮ってFBにアップして、そんなお題を出した〇〇さんを責め、

最後はなんと言っても我がクラブメンバー最高の歯科医Rさんに治療してもらい

ピカピカの入れ歯を作ってもらいます!」

みたいな話をしました。 (*^^*)

 

ゲストの方は最初は見学するだけのつもりだったようですが、

居心地がよくなり、最後スピーチしてくれました。

即興スピーチって嫌いな人が多いのですが、

初参加のゲストもスピーチしたくなってしまうクラブってすごくありません?(ちょっと自慢)

ご興味あるトーストマスターズの会員の方は東京テーブルトピックにお越しくださいませ(*^^*)

 

例会後 福岡に住んでいる86歳の叔母から届いていた手紙のことを思い出しました。

中に叔母の寄稿文が入っていました。

読んでみると例会で出た質問にピッタリの答えが書いてあるではないですか!

質問はこちら。

「堅いものを食べると歯が強くなるといいますが、

今まで食べたもので一番堅いものはなんですか?」

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

「下関大丸6階に関門U.W.という全国の美味しいものを多種あつめた売り場があります。

自称グルメの私としては放っておけないお気に入りのコーナーです。

そこで見つけたのは、小袋に入った1cm角のこんがりとした代物。

貼ってあるシールには

「グルテンフリーのビスケット、ヤギのミルク入でお腹に優しい米粉ビスケットです」

と書かれていました。

「ふむふむ、体によさそう。」と迷わずゲット。

帰宅し直ちに袋のファスナーを開け、

一枚口に入れたところ「堅(かた)!」

前歯に響く堅さで、その上塩気も甘けもありません。

袋を裏にして見ると飛び込んできたのは、

『犬用のおやつ』の5文字。

まさかまさかと唖然呆然。

「私としたことが」との思いを打ち消すように

「あなたならやりかねない」との声が聞こえたような気がしましたが、

空耳ということで無理やり納得。

自分の迂闊さ、バカさ加減に照れ笑いを通り越して大笑い。

アハハ、アハハハ、アッハッハ。

自分のことを笑えるなんて大したもんだと自画自賛。

立ち直りは早く大枚?352円を払ったこのビスケットを

むざむざ燃えるゴミに出すのは忍びない。

すずめちゃんに食べてもらおうと

細かく砕いて円卓に並べた所食べ尽くしてくれました。

 

日本中、いえ、世界中を探しても

犬のおやつを口にしたすずめはうちに来店したすずめだけと断言できます。

 

こんなこと、胸を張って自慢気に話すことでもありませんけど。。。

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

最高のスピーチネタですね。

それにしても86歳になっても衰えぬ好奇心、向学心、そしてユーモア尊敬します。

行動することで、事件が起き、それを笑いにかえ 人を楽しませる。

 

いつもスーパーで同じものしか買っていない自分を反省しました。

叔母を見習ってもっと好奇心を持って毎日暮らそうと思います。

そしてこのユーモアあふれる文章、素晴らしい!

足腰が弱くなっても、耳が遠くなっても、歯がなくなっても(笑)

書く力があれば、人を楽しませることができるのですね。

私も今から書く力を鍛えれば、

86歳までには、読む人が笑い転げてしまう文章が書ける様になるはずです。

アハハ、アハハハ、アッハッハ 

想像するだけで笑えてくる。

ブログ21日チャレンジも折り返し地点です。 

 

文章力をつけたい方は、8月21日に山口拓朗さんの体験セミナーがあります。

詳しくはこちら