昼間はシニア英会話講師、夜はユーモアコミュニケーショントレーナーと

2つの顔を持つ私ですが、

(実は5つくらい顔があるのですが 笑)

どちらも目指していることは、

楽しいクラス!

シニア英会話クラスは

英語が上達することよりも、英語を話すことで元気にイキイキとしてもらうことが目的です。

ただ英語を話すだけでは、楽しくないので、

なるべく 感情豊かに 少し大げさに 相手とアイコンタクトをとって話してもらいます。

 

 

Beautiful sunset, isn’t it?

きれいな夕焼けですね。 

Great class, isn’t it?

素晴らしいクラスですよね。(もちろん英語クラスのことです)

Funny teacher, isn’t she?

面白い先生ですよね? (私のことではございません~)

答えは Yes, it is! Yes, she is!

 

共感してもらえると嬉しくなります。

 

今日はクラスの初めにオリンピックで一番楽しかった競技を言ってもらいました。

バスケットボールや空手、野球など、よくテレビで放映されていた競技でした。

ところが、3クラス目で突然 別の質問を思いつきました。

「もしあなたが金メダルを取ると決まっているとしたら、何の競技に出ますか?」

すると、ヨット、新体操のリボン、陸上、アーチェリーなど意外なスポーツが出てきて楽しくなりました。

私はサーフィンです。

『ハッピー 幸せをさがすあなたへ』という映画で

島に住んでいる真っ黒に日焼けしたおじさんが

「毎日波に乗れることが幸せだ」と言っていたのが、印象に残っているからです。

今から挑戦するつもりはありませんが、(まだわかりませんが)

もし金メダルを取るのが決まっていて、

その時だけ選手になるのだとしたら、サーフィンで波に乗ってみたいです。

 

質問が変わると、答えが変わり、想像力も広がり、楽しい気持ちになる。

人が楽しくなる質問を集めてみようと思います。