久しぶりにツタヤに行ってDVDを借りました。

気持ちが軽くなる映画を探していて

目の中に入ってきたこのDVD。

 

happy しあわせを探すあなたへ は 日本人プロデューサー清水ハン栄治と共に5大陸16か国を巡る4年間のロケを敢行し、

心理学や脳医学の世界的権威と幸福度を高める鍵を読み解くドキュメンタリー映画です。

 

1981年に始まった幸福度の研究によると、幸福度の50%は遺伝に左右されるのだそうです。

そして地位財産、健康などの生活環境は10% 残りの40%は日々の生活での意識的な行動だとか。

貧しい暮らしでも幸せなインド人、

事故で顔が変形してしまった女性、

波を捕らえるのが幸せというブラジルのサーファー

 

幸せとは? と考えさせてくれる素晴らしい映画です。

 

幸福度が非常に高い人々には、例外なく助け合える家族や友人がいる。

人生のゴールや価値観に関していえば、

自分の外部に重きを置く、対外的ではなく本質的な人が幸せになれる。

対外的な人は、金、経済的な成功、容姿、地位名声にこだわる人。

一方 本質的な人は、自己の成長、親密な交友関係

コミュニティ帰属感(役に立ちたいという気持ち)を重視します。

 

そして日本が紹介されます。

先進国で最も不幸な国 として。

過労死した男性の妻の話は胸が痛みます。

これが日本のイメージになってしまうのではと心配していたので、

世界一の長寿を誇る沖縄が出て ホッとしました。

 

デンマークのコハウジング(20家族が一緒に暮らし、食事も当番制)は理想的です。

シングルマザーも多くの大人に子供を見てもらえ、ストレスなく子育てができます。

ニュースでいたたまれない事件をきくたび、他の大人が子育てに関わっていたら。。。と

悔しく思います。

 

幸せへの一歩は自分にないものを探すのではなくて、

何を持っているか意識することだといいます。

過去を断ち切って生き方を変えるのではなく、

本当の自分に気づくこと。

幸福度はバイオリンや、ゴルフと同じスキルだそうです。

だから誰でも身につけられる。

 

幸せな気持ちになれるお勧めの映画です。♪

 

 

この本も読み直してみたくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

お知らせ

★日本語コミュニケーション&ユーモアクラス
2020年5月31日(日)、6月7日(日)

に体験クラスを開催します。13時スタートです。
→くわしくはこちら

■本を出版しました。 ※キンドル版が出ました!
真面目すぎる自分を変えたいと思っている人、何でも思いつめてしまいがちな人、もっと自分らしく生きたいと思っている人が、ユーモアで心をほぐして、よりよい人生を過ごすための本です。
※Kindleでも購入できます。
→ご購入はこちら