You can’t ruin my dayには

見方を変えて気持ちを楽にする方法がたくさん紹介されています。

第一章は 

Story Editing

話を書き換えること

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「自分はダメな学生だ」と思い込んでいると勉強に苦労するけれど、

「最初は誰でも失敗するんだ」と書き換えることができれば、

成績が上がり、大学に残ることができる。

 

同じ役者が劇の一部と二部で全く違う人物を演じられるように、

私達も別の人物になって演じればいい。

 

私達は世界は自分を中心に周っていると勘違いし

なんでも自分のことのように感じてしまうことがある。

 

例えば、あなたが、ビュッフェスタイルのレストランでデザートのお皿を落としたとしましょう。

その時、奥に座っていた夫婦が軽蔑する目であなたを見ました。

あなたは、その2人の表情がいつまでも脳裏から離れず、

午後中憂鬱な気分で過ごしてしまう。

ところが、実際はその2人はどちらかが言った一言で

そういう表情をしていたのかもしれない。

もしかしたら2人にはあなたは視界にも入ってなかったかもしれない。

You can’t ruin my day  第1章より

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

上の話を読んで、

3,4年前の米国ユーモアセラピー協会の総会でのことを思い出しました。

ルームメイトのデブラと朝ごはんを食べていたのですが、

彼女は、セミナーの準備があるので、

先に会場に向かい、残された私は一人で食事をしていました。

すると心理学者のS氏が別のテーブルで一人で食事をしているのに気づいたのです。

以前にも何度も話したことがある人です。

一人でいる人を見るとすぐ声をかけてしまう癖がある私。

”Excuse me, can I sit here?”

「すみません。ここに座ってもいいですか?」

 

するとS氏が優しい表情で答えました。

” I’d rather be alone. Thank you”

「ひとりがいいんです。ありがとう」

断られると思っていなかったので、少し驚きましたが、

とても丁寧な言い方で、本当に一人がいいんだなと感じたので

私はもともと座っていた席に戻り、コーヒーを飲み始めました。

 

その日のプログラムをチェックして、ふと顔を上げると

S氏の前に別の男性が座っているではないですか!?

「え~? 一人でいたいって言ったのは嘘だったの?」

そして思いました。

「私は嫌われているんだ!!!」

すると自分が嫌われている理由が次々と出てきたのです。

「日本人だからだ」

「英語が下手だからだ。」

「私なんかと話していても時間の無駄だと思っているんだ」

 

数分まではご機嫌で、食事をしていたのに、

ど~んと気分が沈んで来ました。

 

 

それから基調講演、ワークショップが次々あり、

集中しようとして聞いていたものの、

時々ふっと朝のことが思い出されるのです。

 

自分の中で抱えているのも苦しくなり、

ルームメートのデブラに話すことにしました。

同情した顔で聞いていたデブラは、

意外なことを教えてくれました。

 

S氏が嘆いていたというのです。

 

「何人かに声をかけられたのを断ったのに、

〇〇(T氏)は目の前の席に断りもなく座ってきたんだ」と。

S氏は本当に一人で朝食が取りたかったのです。

な~んだ。 そうだったんだ。

それなのに、私は勝手に話を悪い方に書き換えて

自分で自分の時間を台無しにしていたのです。

 

皆さんは、相手は悪気がないのに、

話を悪く書き換えてしまうことありませんか?

私は結構あります。 (しょぼ~ん)

 

【話を書き換える力】

What matters is that you have the power

to stop carrying these incidents around with you

by retelling them in a different way. 

 

大事なことは、あなたには、今までに起きた不幸な出来事を持ち歩くことをやめて

それを別の話に書き換える力があるということです。

 

話を書き換える力 磨いて行こうと思います。