前回の「話し方が9割」の続きです。【全肯定の環境作り】のブログはこちら

話し上手というと人前で流暢に話をする人を想像する方が多いと思いますが、

この本で書かれているのは、人前でスピーチやプレゼンを上手にするための方法ではなく、

職場、家族、友人、配偶者、恋人、コミュニティの仲間といった身近な人との人間関係を円滑にする方法です。

中田敦彦さんが、YOUTUBE大学の中で、

「Youtube 大学やってまんねん。

300万人が聞いてまんねん。

めちゃくちゃ喋り上手いって思ってまんねん。

。。。。。。

でもそんなに好かれてませんねん。」

と面白おかしく言っていますが、

人前で上手に話すのと、日常生活でコミュニケーションが上手くいくのは全く別だと言っています。

中田さんが、うまく行かなった理由は、自分が話すことばかりで

「話し方が9割」に書かれている「相手の話を広げる」ということをしてこなかったからだといいます。

 

その方法とは

拡張話法

① 感嘆

② 反復 (オウム返し)

③ 共感  (寄り添う)

④ 称賛

⑤ 質問

①と④は思っている10倍大げさにやる。

キーワードがすぐ出てくるようにキーワードリストをトイレ、天井、スマフォに入れて

無意識に出るようにすることを勧めていますが、

自分が言われて嬉しかった言葉などもリストに足していくと

状況に応じていろんな言葉で返せるようになるのだと思います。

自分は普段どんな言葉を返しているのか、

リストアップしてみようと思います。

「あなたが大事にしているそのパートナーがもっと気持ちよく、自己肯定感を上げて、あなたに心を開いてくれるようになる話し方」  

マスターしたら人生が豊かになりますね。

12月の特別講座、ユーモアコミュニケーションコースの12月クラスでもトレーニングします!

幸せが増えますように~❤

 

 

 

お知らせ

★2021年春のユーモアコミュニケーションコースの申込みが始まりました!
→日本語クラスはこちら    →英語クラスはこちら

「2020年、ライフハッカー読者が最も購入した「ビジネス書籍」ランキング」で1位になりました!!

ライフハッカーの本の紹介はこちら
※Kindleでも購入できます。