2011年 春のトーストマスターズインターナショナル ディビジョンコンテストの英語のスピーチです。
日本語訳は英語のスピーチの下にあります。
 
                                                        No problem!

Imagine. You are going to an American home as an interpreter and you barely speak any English.

What will you do?

I was studying at a university in the United States

One day, Japanese students were asked to volunteer as interpreters. My English wasn’t so good but “No problem!”

I raised my hand. I went to the house of a couple who had just retired. Their names were Ruth and John who were expecting two Japanese business men for dinner

The conversation went very smoothly………..only the first 10 minutes.  After that, I was exhausted. I started getting confused. I didn’t know which language I was speaking anymore. Suddenly, I noticed, I was speaking English to the Japanese men and Japanese to Ruth and John. Eventually, those Japanese men started speaking English. And you know what? …………

Their English was better than mine!!!

Contest chair, fellow Toastmasters, and welcome guests.

I was so embarrassed. I hated myself.

But surprisingly, Ruth and John invited me to visit again. “Why? “ I asked them. “ I was a bad interpreter”

Ruth said “No problem!  We liked you because you are very brave”

Ruth liked to invite people over dinner, not only her friends but also foreign students like me. She was a good cook and a wonderful hostess. But what is special about her is her great sense of humor.

When she was 70 years old, she tripped on the sidewalk and hit her face. Her face became black and blue. Do you know what it’s like for a woman to fall on her face at the age of 70 to go out?

Ruth didn’t care at all. ”No problem!”she said.

Putting on enormous fashionable sunglasses, she went

shopping . When people gathered, asking, ” What happened?” she made a pose and said, “I had a big fight with my boyfriend. This is nothing. You will be shocked to see his face!”

She is incredible, isn’t she? She never complains.

“Some people think about their problems and worry about their future too much.” she said. “You should put them all in the background. You don’t need to bring them forward and dwell on them”.

When we get injured, lose a job, or end a relationship

We know we can’t change the past but we keep thinking about it.

over and over. Like Ruth, we should push them in the background, take a step forward, and say, “No problem!”

About 12 years ago. her beloved husband, John passed away, I was worried about her so I called her to cheer her up.

It was Mother’s Day.

She was busy preparing lunch for her friends. She said she had invited mothers whose children lived far away so that they didn’t have to feel lonely on Mother’s day.

They say that there are two kinds of people in this world:

those who want to receive and those who want to give.

I was amazed by her generosity. She doesn’t have any children herself. Then I remembered.

When I was a student, I barely spoke English but she kept inviting me. I learned when you give something, you don’t expect anything in return.

Ruth has taught me to always look on the bright side of life. She didn’t see me as a lousy interpreter. She saw me as

a brave woman. She didn’t make her bruise a tragedy, she made it

a comedy. And when she invited her friends after John passed away, she changed her loneliness into an opportunity to make other people happy.

Ruth turned 90 years old this January but she is the same Ruth I’ve always known. I want to be like her someday. I still have a lot to go but no problem! I have many years until I turn 90.

Life is not full of roses.

I know I am going to face some difficulties.

But instead of being worried and being depressed, I am going to

look on the bright side of life, take a step forward and with a big smile on my face, I will say

“ No problem!”

 
 
 
 
 
 
◆ひどい通訳だった私に、なぜ?  No problem!
 
アメリカの大学に留学していた頃のこと。日本人学生対象に通訳の募集がありました。
英語はまだ上手ではなかったのですが、「どうってことないわ!」 私は手をあげました。 そして、退職したばかりのルースとジョンというアメリカ人夫妻の家に行ったのです。 その晩、日本人ビジネスマン2人が夕食を食べに来ることになっていました。
 
 
会話がスムーズに進んだのは、最初の10分だけ。くたくたになった私は混乱して、どっちの言葉を話しているのか、わからなくなりました。 気が付くと、ビジネスマンに英語を話し、ルースとジョンに日本語を話していました。 そのうちビジネスマンも英語を話し始めたのですが、なんと! 彼らの英語の方が私より上手でした。穴があったら入りたいと思い、自分で自分が嫌になりました。
 
驚いたことに、ルースとジョン夫妻は、その後も私を招待してくれました。 「なぜですか? ひどい通訳だったのに」と訊くと ルースにこう言われました。 「どうってことないわ。度胸のあるあなたが気に入ったのよ」 ルースは、人を夕食に招待するのが好きでした。友達だけではなく、私のような留学生も呼んでくれました。
 
 
 
◆ケガだってユーモアセンスで、No problem!
 
料理上手でおもてなしの達人のルースですが、何といってもすばらしいのは、ユーモアセンスです。 70歳の頃、道で転んで、顔を打ってしまったことがあります。 顔面に青いあざができましたが、ルースは全く気にしませんでした。 「どうってことないわ!」 お洒落な巨大サングラスをかけ買い物に出かけました。 「どうされたのですか?」と訊かれると、ちょっと間をおいて、こう言ったそうです。 「ボーイフレンドと喧嘩したの。こんなの何でもないわ。彼の顔を見たらびっくりするわよー」 彼女、すごいでしょう?
 
彼女は、愚痴や文句を言ったことがありません。 「悩んだり、心配したりする人がいるけど、全部隅に追いやってしまう方がいいのよ。わざわざ引っ張り出して、その中にどっぷり浸かることはないの」彼女はそう言いました。 ケガや失業、別れなど、過去のつらい経験は変えられないとわかっているのに、私たちは何度も繰り返し、そのことを考えがち。ルースのように隅に追いやって一歩踏み出し、「どうってことないさ」と言ってみませんか?
 
 
 
◆No problem! の素敵な理由
 
12年前、愛する夫 ジョンが亡くなったとき、心配で電話をしました。 母の日だったので、元気づけようと思ったのです。 彼女は友人のためにお昼ご飯を作っている最中でした。 子どもと離れて暮らしている母親が、さみしい思いをしないように招待したというのです。 世の中には2種類の人がいると言われています。人からもらうのが好きな人と、あげるのが好きな人。私には、彼女の寛大さが信じられませんでした。
 
そ の時、思い出しました。学生時代、ろくに英語も話せないのに、家に呼んでくれたことを。何か人のためにするときは、見返りを期待してはいけない。いつも人 生の明るい面を見ることをルースは教えてくれました。ダメな通訳ではなく度胸のある女性。顔のあざは、悲劇ではなく、喜劇。ジョンが亡くなったさみしさ は、他の人をハッピーにする機会に変えてしまったのです。
 
ルースはこの1月で90歳になりましたが、昔と同じルースです。 いつか彼女のようになりたいと思っています。まだまだ近づけませんが、大丈夫。 90歳までには、何年もありますから。
 
人生は、いいことばかりではありません。困難に遭うこともあるでしょう。 そんなとき、悩んで落ち込むのではなく、人生の明るい面を見て一歩踏み出し、 笑顔いっぱいで言うつもりです。 「どうってことないわ!」って。