昨日は横浜にて傾聴入門講座を開催しました。

ユーモアコミュニケーションというと

何か面白いことを言って笑わせること と思っている方が多いのですが、

めざしているのは相手を想う温かいコミュニケーター。

そのため傾聴の姿勢はとても大切です。

 

この人なしでは開催できなかった モー君、こと清水基さん。

横浜で開催の時は、全面的にサポートしてもらっています。

3年前日本語のユーモアコミュニケーションクラスに参加して 

「聴く」ことの大切さに気付いたそうです。

もー君の「ユーモアセンスのある日本人」の記事「ハンマーで頭を殴られた!」はこちら

 

 

 

今回は日常傾聴を広める会「アクティヴリッスン]の講師としては初講座だったのですが、

プログラムを少しアレンジして ユーモア要素もいれてお伝えしました。

 

傾聴なので、色も少し控えめ (笑)

 

「自分が大切に聞いてもらえてると感じるのはどんな時?」

思い出してもらっています。

 

最後は 実際にやって実感してもらかったので

3人人グループで話し手 聞き手 観察者に分かれて聴き合いました。

ポスチャースタイリストの阿部ゆきこさんが講座のことをブログに書いてくれました。

 

最後は記念撮影

初級の続きが聞きたい! というご意見が多かったので、

また企画しますね。

ご参加の皆さん、暑い中ご参加ありがとうございました!