朝日新聞に掲載されている「悩みのるつぼ」
岡田斗司夫、上野千鶴子、美輪明宏、金子勝 4氏が人生相談に答えるコーナーが大好きです。
 
よくこんな答えができるといつも感心しているのですが、
 
今回は、上野千鶴子氏の回答をご紹介します。(2017年2月11日)
 
相談者は、国際結婚をして子供二人を育てているシングルマザー。

自分のことは語らないくせに

「旦那さんはどこの人」とか

「どうやって知り合ったの?」などと

 
プライバシーに踏み込んだ質問をしてくる母親たちにどう対処したらいいか という相談です。
 
 
上野氏の答えは。。。
 
1.質問に質問で返す。
 

「どこだと思う?」

「○○でしょう」

「はーずれ」

「△△かしら」

「はーずれ」 と言い続け、最後に

「あなたにはわからないでしょうね。」とニッコリする。

もしどれかが当たっていて、あとから言われたら 「あら、そうだったかしら」ととぼける。
 
 
 

2.「ふふ、どうしても知りたい? 教えてあげてもいいけど、タダじゃあね。」

 3.「宇宙人です」

いろんな答えを用意していると 質問を受けるたびに来た来たーっと楽しみになります。と書いてあります。
 
 
 
よく聞かれる嫌な質問に面白い答えを考えておくのと同じように 
 
嫌味なコメントを言われることが多い場合は、
 
答え方を考えるのもユーモアセンスを磨くいい練習になると思います。
 
あるとき 40代の友人が取引先の男性に 顔を見るなり、「な~んだ。20代の子が来ると思ってたのに」
と言われ、落ち込んでいました。
 
嫌なおっさんですね!
 
そこでトーストマスターズの2次会で、みんなにどう答えたらいいか案を出してもらいました。
 
 
まるで笑点の大喜利です。
 
一人のメンバーが春風亭昇太役になり、
 
「なーんだ。20代の子がくると思ってたのに」と言い、
 
それに対して メンバーが一言返す。
 
 

「なーんだ。20代の子がくると思ってたのに」

「私も30代のイケメンだとばかり思ってました!」
 
 
 
「なーんだ。20代の子がくると思ってたのに」
 
「私、服の下はは20代なんですよ~」
 
 
 
「なーんだ。20代の子がくると思ってたのに」
 
「ラッキーですね。 20代が2人いるってことですよ!」
 
 
 
「なーんだ。20代の子がくると思ってたのに」
 
「20あごじゃ~だめですか」
 
 
最後は座布団5枚でした。(笑)
 
実際に言えるようになるには、時間がかかるかもしれませんが、頭の中で考えるだけでも気持ちが楽になると思います。
 
うんざりする質問に面白い答え方ないかなぁと考えてみる。
 
思いつかない場合は周りの人に一緒に考えてもらうのは、いかがでしょう。
 
 
面白い答え お待ちしています!